<今までの本日の一言>  
    ●2012年分
 

12/31(土)

今年も残す所、あと2時間と少し。

自分的には、ルアー制作、釣り、大会、イベント、雑誌、ホームページ等
色々全力を尽くして来たつもりです。
それでも、今思う事は、もっともっとやりたい!!ということ。

ルアー制作も、色々な表現も、釣りも遊びも、もっとビッチビチにやり尽くしたい。

沢山の不安が生まれた年でもありますが、今出来る事を悔いなくやる事でしか
不安に立ち向かう術は無いと思います。

僕は来年も辛く楽しい生き方ををして行きたいと思っています。
皆さんに少しでも、何かを届ける事が出来たら良いなと思います。


今年も色々ありがとうございました。
来年も宜しくお願いいたします。

川口の作業場より、愛を込めて

痴虫 松本


12/22(木)

ブログ版「痴虫ノート」を更新しました。
今回は夕焼けシャッドの話。

僕はルアーや色の名前はいつも意味があって決める。
大体の人がそうだと思う。
その時に、自分が一番伝えやすいという事で、日本語を選ぶ事が多い。
その次に、カタカナ英語。
カタカナ英語とは、意味を考えなくても解る、日本語と化した英語。
オーケーとか、イエスとか。

今回の夕焼けシャッド、まさしく読んでその名の通り夕焼けっぽい雰囲気のシャッド。

この名前を付けて、店にお知らせを送った。
そして少し間があって、取り説作りの時にちょっと気になって調べものをした。
「夕焼けって英語でなんて言うんやろ。」
きっと難しい奴やろな〜なんて調べて出て来たのはサンセット!!!
めっちゃ解る。
僕でも解る。
サンセットシャッド。
うわちゃー、こっちの方がかっこいい!!!!!!
まずったー!!!!!!!

ってな自分の中での出来事があった事をお伝えしておきます(涙)


そして、今日はデジオも更新。
久々の1人しゃべり。
始めは何を話そうかと少し考えたりしたが、いざ始めるとズッキーズ(お話好きやらうの事)の血がたぎる。
気づけば、本来話そうとしていた事、一言も触れずに終了。
近々また撮ります。


それから、少しお知らせ。
先日カブメスを納品した際に各店舗に“痴虫ファイルvol.1”なる物を送らせていただきました。
今まで雑誌に載った物をコピーしてファイリングした物です。
チム史はさすがにとんでもない量になるので却下。
興味がある方は、お店の方に言うと出してくれると思うので、お見せに行った際に聞いてみて下さい。
(もし行ったお店に置いてなければ、僕が送り忘れているので連絡ください。
マグケイさんはオリカラで出荷が早かったので送れてない!!
近々に送らせていただきます。)

<右がその痴虫ファイル、左はおしゃれフリーペーパーPHISH>

お知らせその2
上の写真左、女性のためのfish&hikeなフリーペーパーPHISH
になぜか私、少しだけ載せていただいております。
この前、近所のキャスティングさんに置いてあったので、全国に配布されたと思います。
詳しくはよくわかりませんが、ビームス、ユナイテッドアローズなどにも置いてあるみたい。
見かける事がありましたら、手に取って下さいませ。

本日は以上です。
今日はデジオに痴虫ノートにホームページと、どえらいパソコンディでしたな。
つかれた〜。


12/17(土)

名古屋JFLCCの後、少し大阪の実家に立ち寄り元気になった顔を見せ
(前回の大阪帰郷で怪我をしたので、お別れの時は完全な病人だった)
数日で戻って来て、色々整理をして仕事再会。

名古屋JFLCCでは、去年も来てくれたお客様と、新しくお会い出来たお客様がいらして、とても楽しかったです。
JFLCCは開場から終わるまでがちょっと短いので、話をしまくっていると1日が終わります。
それでも、まだお店も少ない名古屋で1日まるっとお話しして過ごせたのは本当にありがたいです。
関東でもそうですが、イベントに出ると色々な人に会えて、それに対して何かお返しと言うか、頑張らんとなー。という気合いをもらえます。
これからも、少しずつ顔を覚えてもらうために、出来る限り参加しますので、宜しくお願いいたします。


ちなみに名古屋というか中部近辺では2つのお取り扱い店舗があります。
1つはトップウォーター専門店のハスキーマスキーさん
おしゃれでかわいい加藤さんという方が店長さんです。
優しい人なので、緊張せずに色々聞いてみて下さい。
ちなみに加藤さんはアブに詳しく、リールのメンテはもちろん
チューンナップパーツまで作られています。

<アブをカッ飛び仕様にするオリジナルパーツ ティッカー>
ルアーだけでなくそういった事も面倒見てくれますので、お近くに寄られた際はお店に足を運んでみてくださいませ。
ハスキーマスキーさん


もう1店舗は、正規の取り扱いとは違うのですが、このJFLCCで知り合い
時々特別なルアーをぽろりと出すだけの不思議な関係。
ルアーショップ アンドウさん

僕自身はアンドウさんの事を変わった人だと思っているのですが、どうもアンドウさんはその逆で、僕の事を変わった人だと思っているみたい。
でも、なんだか何処か凄くシンパシー(=共感。共鳴。)を感じる人なんです。
やはり、変わり者は変わり者を好むのでしょうか?

今回も、僕が持って行ったルアーから1つ、えらい気に入ってもらったのがあり、それのアンドウさんバージョンを作る事になりました。
そのルアーだって、話していて途中でお互いがぱっ!と同じ事に閃いた物であり「じゃあ、やりましょか。」てな感じで、コラボルアー第2段が決まった訳です。
冬の間に開発に入るので、ご披露出来る時がくればここでも紹介させていただきます。
ルアーショップ アンドウさん


てな感じで、名古屋がらみのご報告で今回は終わりますが、最後に久々にお買い物写真をアップしましょう。

久々に最近のお買い物パチリ(名古屋JFLCC編)

<不細工サーフェイスクランクから、アメリカB級ルアー、鳥のフロッグ、そしてバッタマンルアー(順不同)>

JFLCCはオールドタックルと僕らの様なインディーズルアー以外に、こういったなんと言うかフリーマーケット的な要素と言うか、不思議なお買い物も出来たりします。
好きな人には好きな雰囲気だと思うんですよね。
機会があれば一度足を運んでみて下さい。
情報社会から溢れ出てしまった、色々な物と、物に溺れた人々がわいわいやっている。
そして、ブースを出している人も客になってしまう楽しい集まりです。


本日は以上です。

あ、そうそう、ブログ版「痴虫ノート」も更新したので、そちらも宜しくです。


12/10(土)

12/8から完全休む事無く制作を続け、名古屋JFLCCの準備完了。

本日出発となります。

追加制作したルアーはこれ。


<背中のメインカラーは作業着ブルー、お腹は僕の大好きなシナモン。その他、差し色にチャコールグレーと蛍光ピンク、ラベンダーがぴちゃぴちゃと。締めで口、尻、ほっぺに煉瓦オレンジです。うーん、いい感じ。>

前回のあかきちがえるの色違い。
一応あおきちがえるのつもりが、あおだけではない様な。
車運転中に名前考え直します。

名古屋付近の方は、お暇なら是非遊びに来て下さい。
今回は、ルアー販売以外にブースで仕事してます。
ワークショップならぬ、ワーキングショップ。
普段どうしてこういったルアーを作っているのか(今回は主に色決め)
を目の前でシコシコ仕事するので、動物園のクマさん宜しく眺めに来てね。


そうそう、くまさんで思い出した。
カルチャートbyビームスのこけし展終了しました。
見に行って下さった方はありがとうございました。
普段とは違うカルチャーとの風景に僕はとても不思議な気持ちになり、
会期中2回足を運びました。
で、行けなかった方よりこけしを見たいとの声がありましたので、写真パシャリ。

<ずらり並ぶこけしの中、常に横になっていた僕のこけし。>
今回の制作で、少しルアー以外の制作の壁を乗り越える事が出来ました。
きっかけとは思わぬ所に転がっているのだと。
良い機会を与えて下さったカルチャート永井さんには感謝感謝でございます。
また、何かあったら全力で働きます!!
※本日より、先日書いた小さい海馬55(ケミカルベルツノガエル)販売開始だそうです。こちらも宜しくお願いいたします。


というわけで、これより名古屋。


あ、そうそう、昨晩ブログ版「痴虫ノート」も更新したので、そちらも宜しくです。


12/8(木)

カブメス出荷から休む事無く制作が続いております。
それは、今週末の
12/11(日)名古屋JFLCC!!
の準備であります。

といっても、基本的にはオールスターのルアーを持って行くのがメインなんですが、オールスター当日売り切れたあおきくんと、残り数個のポム70のターコイズを補充しております。

あおきくんは、オールスターとは違う色(キチガエル青)になります。
お楽しみに。
というか、オールスターでは自分の分も無くなってしまったので、自分が楽しみで、必要な補充なんですよね。


で、カエルつながりで先日
TOKYO CULTuART by BEAMS
(トーキョー カルチャート by ビームス)さん

に小さい海馬55のケミカルベルツノガエルを出荷しました。

カルチャートは前回も小さい海馬55だったのですが、すぐに無くなってしまったという事で追加制作&カブメスの別カラーの出荷だったのですが
カブメスの方が塗装が終わらずに後回しになってしまったため、今回は小さい海馬55だけの納品となりました。
近々、カブメスの方も仕上げて出荷となる予定です。
(その時はここでお知らせいたします)

で、そのカエル君の写真を


<赤点少なめと、赤点多め>


<お腹はこんな感じ>


<マグケイさんやヒヨコ長屋でみた、ちびガエルの販売パッケージをイメージ>


<ずらっと並ぶとちょっとしたペットショップ感覚>

とまあ、そんな感じです。

カルチャートさんのブログでも既に紹介が始まっておりますので、興味のある方はチェック宜しくです。


それから、痴虫ノートカブメス説明、2回目アップしました。
書いてみると、色々出てくる物でなかなか前に進みません。
次回はあまり間空けないよう頑張ります。
ブログ版「痴虫ノート」


12/3(土)

オールスターから休む事無く制作を続け、やっとこさ新作「カブメス」を出荷いたしました。

それに加えて、以前コラムコーナーで書いていた痴虫ノートをアーカイブしやすいようにブログへ移行しました。

痴虫ノート復活第1回目はカブメスの説明からになります。
今日はそちらをいじりまくっていたので、こちらはこれで終了。

来週の名古屋に向けて、売り切れたあおきくんを補充すべく、作業も進めています。
名古屋の皆さんは是非是非JFLCCに遊びに来て下さいね。


ブログ版「痴虫ノート」


11/23(水)

さすがに、オールスター前の気迫とまでは行きませんが、作業継続中です。
ただ、来客が少し多いので思っているより進みが遅い。

で、その来客の一人が六度九分の行友君。
といっても、夜にチェックイン。
飯食って、デジオとって、仮眠して、起こして
夜中にチェックアウト→シーバス釣り。
という、短いご利用でした。
さすが、民宿ちむしの常連、使い慣れております。

そう、さらりと、まるで当たり前のように書きましたが、行友君ともデジオ録りました。既にチェックされてるかも知れませんが、気づいてなかったぜ!!
という方は、相変わらずの二人のぬくぬくトークをお聞きくださいませ。
デジオ虫の声

で、今回はそんなオールスターの裏で始まった、こけし展の紹介です。
大まかには、一番上のお知らせコーナーに書いていますので、そちらを見て頂くとして、カルチャートで上がっていた写真をぱちり。


<原宿に、こんな寝癖&ナチュラルワックスヘアーで行っていたとは恥ずかしい。これじゃ「マルふ」と言われても仕方ないぜ。>

こけしの首がぐるぐる回ってピンぼけになっていますが、そこは現場でのお楽しみという事で。
お近くによりましたら、是非足をお運びくださいませ。

TOKYO CULTuART by BEAMS
(トーキョー カルチャート by ビームス)


11/22(火)

おはようございます。
無事Basser Allstar classicが終了いたしました。
雨で寒く足元の状態も悪い中、ブースに足を運んで頂いた皆様
本当にありがとうございました。

毎年必ずここで顔を合わせている方、はじめての方、色々な方と1日中話をして2日間が終わりました。
本当に楽しかったです。

その中で、デジオを聞いて下さっている方が随分多くなっているのを感じ、とても嬉しい次第です。

という訳で、今回も期待を裏切らないよう、オールスター後石名さんの家に泊まり、翌日帰る前の九州組にデジオに出て頂きました。
ギリギリまで話したせいで、飛行機に乗り遅れそうになった二人組もでたとか。
そんなおかしな人達の話、是非聞いてみて下さいませ。
デジオ虫の声

痴虫は明日より通常作業。
いよいよ、カブメスの全貌公開です!!


11/18(金)

いよいよ明日から二日間、利根川でバサーオールスタークラッシック2011です。

ルアー完成まで95パーセントくらいまで来てますが、今からカルチャートbyBEAMSのスマートなこけし展のオープニングに行ってきます。
有名人の名前が並ぶ中、僕のこけしもゆるりと寝そべっております。

で、その前にオールスター用のルアーの写真上げて行きます。
帰って来たら、少し説明足そうと思っています。

●メインルアー2種

<ボルチ80のモーニングドーンと太郎シャッド>


<小さい海馬95 利根シークレットカラー ブルーバックチャートとセクシーブラックシャッド>

上記がメインの販売のルアーです。

●サブルアー3種(数が少ないルアー)


<左から、あおきくん/きちがえる 小さい海馬55/キラ黒プレモンス ポム70/ターコイズグリーン>


●OPAさんのブース用に海馬Free90
(こちらも色数を増やしたためそんなに作れませんでした)

<モーニングドーン、レッドブルブリーム、黒っぽいシャッド>

以上です。

寒い時期に合いそうなルアー、色を多めに、僕がただ欲しいだけの物も少し混ぜて作りました。
イベント物なので数はそこまで多くはありませんが、メインのはがんばって作りましたので、宜しくお願いいたします。


11/2(水)

想像通り猛烈に働いております。

塊の準備かと思われますが、後少しで新作「カブメス」の色が塗り終わり、リグ組です。
つまり、11/19までに、出荷をしてそして、イベントのルアーを仕上げるのです。
正直気が狂いそうです。

しかも、飲酒に置けるおイタで、肋骨骨折&右肩と左足の関節を負傷。
ずっとビッコで、壊れたおもちゃの様な動きで生活しています。
塗装時の必需品はロキソニン。

もうすぐお店にルアーの知らせ&ここで写真上げます。
カブメスの色はワイルド&ビューティーな仕上がりです。
細々した繊細さではなく、ワイルド(=無骨)な中に繊細さと美しさが同居するような雰囲気になっています。

色々大変ですが、最近は桐山さんのこの言葉をいつも思い出しで、歯を食いしばっています。

If you can do it,I can do it.

誰かに出来んなら、オレにだって出来る。
不可能を可能にする魔法の言葉です。


10/11(火)

10月は猛烈に働いております。
その結果、HPをやや放置。

働きまくっている訳は、大阪で行われている個展“Apple Bomb”の準備で、ルアーの作業が少しの間出来なかったから。
個展が終わるまでにちょいちょい、また少し時間が割かれてしまうので、ある時間はめいいっぱい仕事しているわけです。

その大阪で行われている個展なんですが、残す所後1週間。
今週末の15日(土)までなので、近郊の方は宜しくお願いいたします。


ちなみに個展の会場風景はこんな感じ。


<あ、おとん。おとんが目立ちすぎて看板に目がいかない…>


<緊張気味な私と、絵を見に来て下さった…あれ??この人は???>

ななななんと、大阪の人間なら誰もが知っている
吉本の芸人のおかけんたさん!!!


<えぇ〜声♪>

じつはおかけんたさんは絵のコレクターさんであり、現代美術から版画、古美術まで色々勉強されている方なのです。
しかもその暦も、情熱具合も半端ない。

そのおかけんたさんが、オープニングの数日後にふらりと見に来て下さったのでした。

嬉しすぎる。
一緒に居たいとこの姉ちゃんも、ヤバいを連発。

そして、なんと今日、そのおかけんたさんのブログで“Apple Bomb”が紹介されていたのです。
※ブログはこちら!!!!!!!!!!
うううう、嬉し過ぎて涙が出る。
きっとお笑い好きのうちの姉ちゃんはおったまげる事でしょう。

そんなこんなで、報告遅れましたが、個展の方やっておりますので、本当に見に行ってみて下さいませ。

H-1の事も書きたいんだけど、今日はこんな所で。


デジオでは、そのH-1グランプリ年間優勝を勝ち取った、マルキュー伊藤巧君をゲストに色々話をしております。
色々参考になる話もありそうなので、是非聞いてみて下さいませ。


9/30(金)

ご無沙汰しておりました。

前回のアップの後書いていた通り、福岡へ。

着いた日はKTWの塚本さんが迎えに来て下さって、ハニスポさんへ油を売りに。
お店ではツイッターでお知り合いだった方とも出会えて、ほっこり。その後雨が降り始め、急いで塚本家へ。
工房で色々話をして、ネコを触って、晩ご飯。
そして、朝方までデジオを録ってそのまま泊めてもらい熟睡。

翌日は塚本さんに送って頂いてシーブーンさんへ。
1日店番をして色々なお客さんと話をしました。
とても参考になったのが、ルアーのサイズ感。
名古屋や大阪ではこういった機会があったので関東以外のイメージというのは、その辺りが参考になっていたのですが、その印象はルアーは大きめが好みだという事。
でも、この日話した感じだと、そんなに大きいのを欲されていない。
むしろ自分の釣りをしている関東のフィールドと変わらない。
これは、ルアーのサイズ感を学んでいる途中の僕にとってとても大きな経験となりました。
お店に来て下さって、遊んで頂いた皆様ありがとうございました(ぺこり)。


そして、昼くらいに顔を出してくれた、博多の友人に急な願いを暖かく受け入れてもらって、その日の宿が決定。
夜店が終わった後、迎えに来てもらい自転車で夜の博多へ。



<友人の同級生の屋台>


<たぶん店の名前>


<通称まる、と呼ばれている店主(ぼくはまるちゃんと呼んでます。)>

面白い話、釣りギャグ、酒ののみ方、色々やって夜は更け
帰宅。

がんばって起きて、友人達と大会へ
と、いいつつその人達は大会に参加するでも無く、僕を送ってくれた後、別の川筋へ。

途中のコンビニでトイレに立てこもりをしたため、大会集合時間ギリギリで到着。
栗川さん、皆様すいませんでした。
間もなく大会開始。



<僕は栗川さんの船で出船>


<大会は川で行われました>

6時スタート11時終了
という中、結構な方々がウェイインされていました。


<片付けはみんなでさくさくと>

と、この辺の話はシーブーンさんの釣行記へ

大会後は皆さんと色々ルアーの話をしたり、関東の大会の話をしたり楽しかったです。

(詳しくははバサーのチム史で書きますのでここで終了)
大会で一緒に遊んでくださった皆様、ありがとうございました(ぺこりぺこり)。

そうそう、この大会でトップウォーターの釣りのクラブ“サーフェイスボム”の皆さんともお知り合いになりました。
そのボスみっちーさん、構成員でありルアービルダーのトップサイダーのリトルさんのブログ載せときます。
次回の九州はここの大会かもしれません。
とても熱くて良い感じの人達でしたよ。
●サーフェイスボムのミッチーさん
●トップサイダーさん



で、翌日はスキルフルの岡本君と雷魚釣り


<一番小さい魚でしたが、フロッグのくわえ方が一番良かったお魚>

雷魚はムネさんに勧められて去年スタートして、初心者満開なので色々な人の釣りを見れるのは色々参考になりました。
この辺の詳しい事はこちら“スキルフルのなんじゃいかんじゃい3”。
で、その日もデジオ録り→既にアップ済み。
岡本君ありがとう。


しかし、持つべき者は友人です。
1日目以外は強引に全部その方のうちにお泊まりさせて頂きました。
たかさんありがとう。
で、たかさんの兄貴分のけいすけさんもちょい離れた所からちょいちょい遊びに来て下さってありがとうございました。
また、福岡へ行く際はご迷惑をおかけしに行きますので、宜しくお願いいたします(ぺこぺこぺこり)。


というわけで、いろいろ本当に楽しかった九州遠征。
次回はもっとバスの度合いを高めてガッツリ九州バスに挑んでみたいと思いました。

おわり。


あ、そうそう、先日大阪に帰った際グレイズの那須さんと、ルームズの畑中さんとデジオを録ってきました。
こちらも聴いてみて下さいませ。
デジオ史上もっとも下品かつ、はちゃめちゃなトークが繰り広げられています。


9/9(金)

久々に暑い。
今日これから九州は福岡へ、シーブーンさんの大会に出るために出かけます。
今日の夕方は、ハニースポットさんへ。
明日(10日土曜日)は昼からシーブーンさんでお店にいます。
今回用にルアーも用意しましたので、是非是非遊びに来て下さいませ。

でもって、日曜日は大会。

となっております。

後1時間で家を出発なのに、ツタヤ返してない。
やばひーー。


ではでは、福岡辺りの皆様、ぜひとも宜しくお願いいたします。


8/31(水)

蒸すー。

雨の湿気でムッシムし。

さてさて、昨日の続きでグレンモアです。
朝の1キャスト1ヒットを見た僕は期待満々でタックル準備。
そして開始の7時前、あれよあれよと人が集まる。
あっという間に池すべてが人で埋まり、ちょっとした管釣り状態、アレー。
そして、7時になると同時に皆がキャスト開始!!

はじめのうちは、なかなかのペースで釣れている。
とは言っても皆さん結構マジなルアーチョイス。
さすがにボトム変化も無く(ゴルフ場なので、玉をひろうためかシートが引いてある)結構すぐに釣れなくなる。

で、暇を持て余しそうになった所で、この前荒川で一緒に泳いだズッキー君が登場。
やはり、こういった所でもトッパーに出会うと嬉しいもので、話をしながらズッキーコンビにくっついて、唯一のカバーへ。

で、カバー周りでみんなでばらけてごにょごにょしてると、ズッキーの相棒タタリ君にヒット!!
竿がぐにゃりとしなり、ばらす!!!!

それを見て僕もすぐ横へ移動(意地もへったくれも無くてスイマセン。

二人の横で、テスト中のウィードレスルアーをピッチング。
と、どうも魚道みたいなのがあるのか、目の前を魚がささーっと走って消えて行く。
すぐさま、消えた方向へルアーをピッチ。
激首振り。
ボカン!!
てな具合に、完全にタイミングで1匹頂きました。


<ガリガリの43センチ>
最近はもっぱら立って釣り。
そうすると、リールを巻く時に腹の出っ張りで、ハンドルにTシャツやらシャツが絡んでしまう。
なので、マジな釣りの時はオールイン。(腹痛も軽減される!!)
この時は、ちょっと人目を気にして、前だけイン。
これ、結構具合良いんでハラポチャの方は是非!!


で、いろいろ子供達と遊んだり、走り回った結果疲れてすやすや。
気づけば表彰式。


<小学生の部の参加賞もらう列。子供は走る。良いね〜足取りが軽くて。>

小学生の部、ってのがあるのが良い。
小学生の部、中学生の部と沖田プロが司会をされていたのですが、司会が丁寧で優しく子供達とやり取りされていたのが印象的でした。
みんな、釣りを続けてくれると良いなあ。


<大人の部の1位から5位>
僕は8位(6位から10位くらいまでは同じ長さ、持った言った早さで決まる)
で、後少しであこがれのTBC(利根川バスクラブ)のトレーラーのお立ち台だったんだけど、一歩及ばず。


<8位で色々ワームとか糸とか米とか頂きました。>


<全体写真>
すでに暑くて帰られた方もいて、少し減りましたがこの人数。
初めてのイベントで、300人(で締め切ったらしい)は凄いなあ。

僕はとにかく釣りをしている子供達が沢山見れて本当に嬉しかったです。
来年も行われると良いですね。

というわけで、栄市が主催されたグレンモアの釣り大会でした。


8/30(火)

今日は雨で涼しい夜です。

一昨日、昨日とイベント続きで、かなりわいわいやって楽しかったですが、ちょいとお疲れ気味。
しかし最近は、釣りやイベントの後にそのまま家までたどり着かない事が増えました。
昨日も途中あと3キロ位まで来て、運転席でダウン。
(2日分の釣りやらなんやらで後ろでは寝れず)
特に夏は暑さだけで体力が奪われているみたい。


一昨日はH-1GPの2戦目印旛沼。
ちょっと冒険&要らん下心で本湖を狙って1バイト。
しかしその後沈黙の艦隊。
あきらめて、人が多い川筋に入ってがんばりましたが、追加で1バイト0キャッチ(他何か解らない魚のキッス&アタック2回、多分バスと雷魚)
終了、チーン。

しかし、予定が決まった時はこりゃ地獄の印旛戦だな、なんて言っていたのですが、台風やゲリラ豪雨などのせいか、ここ1週間かそこらは灼熱地獄も終わり水中はすでに秋が訪れようとしておりました。
そんなのが解っただけでも出てよかった。


<お立ち台が、まさかの全員知り合い…羨ましい、しかしみんな釣りが上手いんだよなあ>

で、翌日は印旛の近くのゴルフ場で市が開催する釣り大会へ半分仕事?お手伝い?
賑やかしと勉強をかねて参加。
300人が参加した市のバス釣り大会、市の開催というところが嬉しいでしょ。


<ロケーションはこんな感じ>

人生初のゴルフ場は驚きの連続、とにかくアップダウンが凄まじい。
そして、芝生の上を歩く事の気持ちよさ。

奥に見えるのが池なんだけど、完全皿!!
地震の影響で水がぬけるらしく、1.5メートルくらいの減水のまま今年はやってるらしい。
やってるらしいというか、普段はゴルフ場なので水位は関係ないのだ。

イベント開始前、主催者の方が投げたルアーには1キャスト1ヒット!!
さて、その後大会はいかに…。
(明日へ続く)


そうそう、数日前1人しゃべりのデジオをアップしましたので、良ければどうぞ。


8/17(水)

今日も熱帯夜。
トタン屋根で常に35度を超える2階にパソコンがあるうちでは、この時期は極端にネットに近づかなくなってしまいます。スイマセン。

例の写真用のブログも借りて、ちょいちょい写真加工をしています。
少しずつアップしはじめたら報告します。

暑い中、日々作業&釣りにでかけています。
ここ数回の釣りは、浮き物は出す物のどれも朝から昼過ぎだったり、夕方だけだったりのお気楽釣行。
しかし、僕の腕ではそんなお気楽では魚は釣れません。
だから、とっても鬱憤がたまる。

そして、ついに近所釣行も開始。
地図で目星をつけていた所からスタート。
ボラがたまっていて、夕方を過ぎるとフィッシュイーターに追いかけまくられている。
それがバスなのか?シーバスなのか?それは解らない。
毎釣り(1回で2時間から3時間)ごとにルアーの種類が変わるが、いっこうに釣れる気がしない。
ちなみに、こういう釣りの時は上から下まで全部のルアーを使う、それでも何ともならない。

ベイトが多すぎるのはこんなに大変なんだと解る。
なんせ、ボラボールのサークルが、ある瞬間直径10〜15
メートルほどになってたりする。
しかも、それがミッチミチに詰まっている。

そいつらが襲われると一斉にパニック。
ルアーなんか食う訳もない。

次回は、時間を変えて、ボラじゃない時に岸辺のカニでも食っていそうなのを狙ってみようと思う。

こういった釣りは、とにかく沢山行く事。
定点観測的な気持ちでないと持たない。
だから、近所が望ましいのだ。

引っ越し前の、ドブスズキの場所は今も健在だけど、とっても良い場所だけど遠いからもういい。
人もすげー増えてしまったし。

という訳で、最近は本当に釣れない釣りに日々でかけております。
もちろん仕事の合間にね。


それから
スポーツフィッシングジャパンというサイトの鈴木美津男さんのコラムで、僕の事を紹介して頂きました。
バサーの記事の別バージョンとして読んでみて下さい。
美津男さんとの関係は、僕にとって坂本龍馬と勝海舟のようなものです。
出会ってから、これほどの影響を受けた人はなかなかいません。
僕が一生懸命やっているトップの釣りも、この人の器の中には入っているのです。


それからそれから、JB TOP50の江口君のブログにも紹介されていました。
数年前にフィッシングショー知り合って、会う度に少しずつ話をしていたのが、去年の忘年会で共に爆発し(激飲み→激酔い→裸踊り)、とても仲良くなりました。
トーナメント界に新しい風を起こす若手の一人として、勝手にシンパシーを感じています。
僕もトップウォーター業界に新しい風を起こしたい!!

この2つ(2人)を紹介すると、なんだか凄くトーナメント業界に近づいている気がしますね。
実際、そうなんですが相変わらず僕の釣りはトップウォーターです。
でも、ルアーが水に浮いているという事であって、やっているのは釣りです。
一所懸命に釣りをする。
特別なトップウォーターの釣りではなくて、魚釣りとしてトップウォーターの釣りをとことんする、それだけ。

釣り、という事さえ外していなければ、どんなジャンルの事でも、どんなジャンルの人達とでも仲良く楽しめるし、色々教えてもらえます。
僕はそれを沢山吸収して来て、トップウォーターの釣りに生かしたいと思います。
お客さんにもどんどんそれを分かち合いたいと思ってます。

最近の行動はそんな思いから出て来ている事です。

もしかして、最近の僕の行動は解りづらいかもしれないと思って、少し説明してみました。
たしかに僕自身でも信じられない人達と遊んでもらってますからね。

なんにせよ、僕はトップも釣りも大好きですよ。
根底はなんにも変わりませんのでご安心を(笑)。


7/30(土)

本当に蒸すなあ。
夜はちょっと涼しいけど不快指数は高い!!

少し生活が落ち着いて来た今週。
ちょっとでも時間があればHPも触らないと。
写真も沢山もらっているし。

というか、写真はブログを借りてそちらであげて行こうと思っています。
そうすれば自分で撮った写真もみんなにあげられるみたいだし。
次回はちょっとそれに挑戦!!

そうそう、前回の桐山さんとのデジオ聴いてもらえましたか?
聴いた知り合いからは、やる気が出たとか、熱さを感じたとかそういった元気になった的な感想をもらっています。
バスプロとの話だから難しいかも、とか思うかもしれないけどそんな事全然ないので、歯のない頼りないルアービルダーと、アラバマのおじさんの釣りトークを聴いて下さいませ。


この前アメリカンドリームの最後の方でバスボートの試乗みたいなのもやっていて、乗せて頂きました。
運転されている方がめちゃめちゃうまい人で、超快適、なんだか湖面を浮いている様な感覚でした。
宝くじ当たったら買っちゃうなあ。
今年から宝くじ買ってみようかなあ。

<大喜びのわたくし、ホントはすこし怖いので左手でポール握りしめ!!>


それからそれから、最近釣れてる?
とかの質問もあったので、今週釣れた良い魚を1枚ぱちり。
<海馬フリー110で47センチ>

この日は午前中でこの魚だけ、同船者はちゃんとクランクで数匹釣っていました。
この魚はインレットの水深30センチを切る様な浅ーい所のごみ溜まりから追いかけて食った、トップじゃないと攻めきれない魚でした。
新しいルアーに歯形もばっさり入って嬉しい1匹。

肩にはバサーで一躍有名になったまもり鳥のぽーぽー。
不思議そうに魚をのぞいております。
ほかにも写真を撮った魚はいくつかあるんだけど、とりあえずその前に皆さんの投稿写真のブログをやらないとと思って自粛中。

次回はがんばって写真ブログスタートします(多分)。


7/28(木)

また暑い日々が戻ってきました。
洗濯物は乾かしやすいので良いんですが、と思って夕方前に洗濯したら雨。
難しいなあ。

で、僕の暑い夏の前半戦はなんとか数日前に落ち着きました。

先週末24日のアメリカンドリームでのブース出展。
カルティバ、ゲットネット、シマノ、痴虫。
って、一つだけすんごい差のあるブースでしたが、僕はとっても楽しかった。
来年はもう少し塊の面子を巻き込みたいなと思ってます。

しかし、イベント中は、船や知り合いの写真は撮っていたのに、自分のブースの写真はゼロ、というミス。
というか、普段から自分のブースって撮ってない。
今回はちょっとかわった感じだったので、撮っておけば良かった。
次回からの反省点ということで。

で、実はその日にBASSエリートツアープロで、アメドリの主催者桐山孝太郎さんにデジオに出てもらう予定だったのですが、完全燃焼し燃え尽きた桐山さんをみて後日に延長を決めました。

その後日というのが一昨日の火曜日で、忙しいなか時間を作って頂き、家まで行って、オカッパリ&ルアーのレクチャー&昼飯&デジオという、短時間ながら豪華なフルコースを楽しませて頂きました。
その時のデジオ
“第137回 BASSエリートプロだぜおっかさん その1、その2”はこちら。

<一番最後に記念撮影>


うーん、なんだかまだ不思議な感じ。
桐山さんは熱くて(この握手もかなりがっちりです)、色々話してくれて、とてもいい人でした。
でも、正直本当に緊張したなあ。
それをいい感じでほぐしてくれた、同行者の高沢君にも感謝です。



皆様Basser見て下さいました?
カラーで実釣6ページは僕にとって今後もなかなかない事かもしれません。
痴虫ファンの方々は是非購入のほどを宜しくお願いいたします。



それから、本つながりで「Art for all特別号ーA」
にもカラーで2ページのっています。
釣り具とは関係ない本ですが、他のページも面白いので、是非見てみて下さい。
編集長は、あのリラックスという雑誌を手がけていた方です。
(こちらはビームスのカルチャートにも置いております)

てな感じで本日は終了。
これから、Basserにも書いてあった鈴木美津男さんの勉強会に行ってきます。


7/23(土)

うーん、やっぱりこうなったかと。
明日の準備(まだ終わってないけど)に追い込まれ、今の今になりました。

とりあえず明日の予定を。


会場は潮来マリーナ

<大会スケジュール>
7:00 大会開始
13:30 帰着
14:30 表彰式

てな感じです。

僕も6時くらいに着いて準備をしようかと思っていますが、大会の邪魔になっては行けないので、様子見でその辺は勧めていこうと思います。

で、大会開始後が僕のお仕事。
まあ、大会をのぞきに来た人達の暇つぶしにでもなればいいです。
作ったルアーはこんな感じ

先日も書いた通り、左上から時計回りに
ポム70(虫ギル))
ジーニアスジュニア(ボラサマー)
海馬フリー110(ボラサマー)
海馬フリー90(赤虫ホットタイガー)です。

ポム70は大会の時に必要性を感じ始めたサイズです。食わせとアピールをどちらもかねた、良いサイズですよ。
フリーの方は、来年海馬シリーズはこちらに力を入れようと思っているのですが、その前触れという事で。
最近普段の釣りから、取材、大会とフリーに助けられる事が多く、自分が新しい色と、新しい大きさが必要だったので、今回ちょっとやりました。
ジーニアスジュニアは前回足りないといわれたので、今回のレパートリーに追加で入れました。
仕事の流れもあってどれもちょっと少なめですが、どれも今僕が必要な物ばかりです。
という訳で、サイズの事や、ノーマル海馬との使い分け、その他色々と会場で話しましょう。


と、ルアーはその辺で。

大会開始の時は、プロのジャズミュージシャンにして、琵琶湖の大物釣り師の“迷ぴあにすと”さんが演奏。
多分表彰式の時も演奏があると思われます。

これ、先週の亀山湖の大会の時も行われたのですが、生の演奏凄く良いですよ。
外で、釣り場で釣りの話をしながら、ジャズの生演奏。
思いっきり飲みたい環境です(運転があって無理ですが)。

僕的には、丸1日いなくても釣りに出かけたりとかねて来てもらえれば良いかと思っています。
例えば、はじめに大会開始を見守って、ブースで軽く話してバス釣りへ行く。
午前中しっかりと釣りをして、昼休憩に14時位に戻って来てもらって、表彰式を見る。
で夕方近所の牛堀桟橋辺りで、キャットフィッシュを釣って帰る。
もしくは夕方2回戦めの釣りをして帰る。
もしくは明日オープンのマグケイに顔を出して帰る。

そんな感じがよろしいかと。


正直表彰式は見てほしい。
自分たちが参加するトップの大会もそうですが、その場にいた誰かが大きい魚を釣って優勝するんです。
で、今回はその人達がアメリカに行っちゃう。
なんだか、他人事なのにドキドキするんですよね。
ちなみに、僕はいつかこの大会に出たいと思っています。
その時の応援の練習としても、是非是非こういった大会を見に来て下さいませ。

大会会場など詳しい事はこちらから
桐山孝太郎アメリカンドリームHP


7/16(土)

溜めたらあっかん〜、溜めたらあっかん〜(のど飴のCMのフレーズで)
いやほんと、溜めたらあかんのですが、だいぶ色々溜まってます。

今日それを解放、という訳にも行きません。

とりあえず、1人しゃべりのデジオ更新しました。

で、本当に色々溜まっているんですが、これからもう出発でHPも無理くり手をつけた次第。
ちなみに、明日は牛久沼の大会。
明後日は亀山湖の大会です。

で、来週の日曜(7/24)は少しずつ告知しておりますアメリカンドリームであります。
今は完全にその準備で追われています。
ルアーの数はそんなでもないんですが、いかんせん色々な作業を平行して進めるために、気づけば後1週間。
まあ、色々やりすぎて、なんでも余裕をもってなんて進んだ事ありません。

で、アメドリのイベントですがこんなルアー準備しております。
●JFLCCで好評だったジーニアスJr.
●久々に僕が開眼中の海馬フリー(90ミリと
newサイズ110ミリ)
●こっそり大会などで使っていたポム70ミリ
(これもnewサイズ)
をかなり小出しですが作っています。

来週はなんとか、その辺りの告知をして、イベントが終わったらまた、まじめにホームページ触って行きます。

てな感じで、色々溜めたまま後1週間ちょいはこのまま行きます。
すんませーーん。




6/24(金)

今週はお仕事週間、はっと気づけばもう週末ですか。
先週からまとめてアップしたデジオの方もなかなか好評で、色々な所で感想が書かれています。
最後のアメドリの告知だけは、塚本さんが来れないのであの通りにはいきませんが、僕は予定通りブースを出して、何かしら盛り上げがかりになろうと思っています。

で、その前に7/3(日)にJFLCC東京があります。
東京の回は、去年は出ていなかったのでちょっと久しぶり。
さすがに、そんなに見せるものも無いですが、顔出し程度
話し相手程度に参加します。

ルアーも少しですが、作って持って行きますので、そちらの方も宜しくお願いいたします。

JFLCCに参加してもう3年かそこら経つと思うのですが、いまいち認識されていない気がします。
いつか自分なりのJFLCC をまとめたレポートを、と思って来ましたが思っただけではいけません。

今日はそこらへんをちょっと書いてみましょう。

オールドタックルショー、というのがJFLCCの始まり。
僕みたいな現役ルアービルダーは本当はちょっと場違いかもしれません。
ただ、自分のルアーも長く愛されていつか、オールドみたいになりたい
とそういう思いで勉強のために恥じっこで出させて頂いている次第です。

で、このオールドタックルショウ
色々な遊び方があります。
●名前の通り、オールドタックルを見る、買う楽しみ。
博物館クラスの個人コレクションから、メーカーさんのコレクション、そこらの雰囲気を楽しむ。
●もう少し気楽な、フリーマーケット的な楽しみ。
オールドを取り扱ってらっしゃるお店の方々が、色々買いやすいものも用意してくれいてます。僕とかは、ラパラとか、ちょっと古いクランクとかをそこそこの値段でちょいちょい買ってます。
●ハンドメイドビルダーコーナー。
僕たちの様な、原稿のルアービルダーのブース。
見るものも色々持っていくので、それらをはさんで色々おしゃべりをしましょう。

大きく言えばそんな感じ。

最近は、インターネットのおかげでお店の中身がけっこう解るようになっています。
物が入んないと行く事も無いのかもしれない。
僕は未だに、ふらっと釣具屋に入って、適当に買い物をするのが好きなんですが。

オールドタックルショウはちょっと前の、行けば何かあるかも?そんな気持ちにさせてくれる品揃えです。

良いシーズンなので、もちろん釣りに行くのも良いですが、用事があって釣りにいけない方など、ついでで良いので立ち寄って頂ければと思います。


6/20(月)

速報続きで、なかなか落ち着いて更新出来ないんですが、今週は仕事しっかり週間なので、HPもその辺りに手をつけて行けそうです。

で、今日はというと、先週の鋼派の時に塚本さんに出てもらったデジオをアップしました、と。
鋼派から、釣り、道具、はたまたブルースリーの話まで。

本当は土曜日にアップしようとしたんですが、デジオのブログの方の容量が足りなくなっていて、それを増やしてもらうのに今日まで待っていたのでした。

で、「KTWの3日間」を更新してその後、その本人からえらい知らせが。
「痴虫〜、明日から1ヶ月入院するわ〜。」

<怒濤の5日間を過ごし、これから福岡に戻る塚本さんin羽田>


ええええええええええええええええええ!!!!
と思う部分と、何処か心配していた所が当たった様な嫌な気分も。

工房が復活してからの塚本さんの仕事量は、同業者としては目を伏せたい位のものがあり、それに引っ張られるように僕もがんばっていました。
でも、時々本当に疲れてそうな感じを受ける度に、大丈夫かなあと。

まあ、強制的に入院という形になり、今度の復活の時にはみんなに、さすがにやりすぎないように注意されるでしょうから、その点に置いては少し安心かな。

なんにせよ、電話の向こうでは相変わらず元気なので、完全リフレッシュしてまた遊んでもらおうと思います。

そしたら、またコアでマニアックな話を色々してもらいましょう。

つーわけで、今日はここまで。


最後に塚本さんが将監川で使っていたタックルを激写しましたので、その辺りのマニアの方々はチェックしてくださいませ。


スピナーベイト(外国製)、トリプルインパクト(シマノ)、スイートビーバー(リアクションイノベーション)テキサスリグ、デイ2シャッド(ストリームデザイン)、スナブノーズM5(KTW)スナブはもしかしたら一回り大きいテストルアーかもしれません。


6/15(水)

睡眠が…やっと少しとれました。
といっても、今も朝の4時に起きた所だけど、普段よりも短い時間で起きたので眠い。

そして、また色々な仕事や、イベントの参加が決まりそれの準備等に頭を悩ませる日々になりそうです。

7/3(日)は久々にJFLCC東京に参加。
控え目にですが、ブースで皆様と談笑出来る準備を。

7/24(日)は茨城県の潮来マリーナにて開催される、アメリカンドリームという大会にブースを出します。
BASSトップツアープロの桐山孝太郎さんの主催する大会で、優勝者はアメリカに行く事が出来るかなりマジな大会。
それの、会場を盛り上げるべく、ブースを出して色々な人の交流のお手伝いをしたいと思います。
時を追ってどういったものか説明して行きますね。
●桐山孝太郎ブログ
●アメリカンドリームHP

と、実はこれを書いている今も、もうすぐ出かけないといけない時間が迫って来ており…。

今日は鋼派の時に録った六度九分の行友君とのクッダラナイデジオをアップして終了とします。
写真をアップしたり、色々な感想を書いて行くのはもう少し落ち着いてからという事で。

ああ、普通の生活に戻れるのは後少し先かなあ。


6/14(火)

睡眠が…。
いろいろ書きたい事はあるんですが、なかなか追っ付かないなあ。

で、間に合わないんですが、鋼派の関係で数件デジオを録ってきました。

まずは鋼派前日に録った一人デジオです。

偏光グラスの話とかしております。

この後も、寝たいけど寝れません。
どうしましょ。

今日はここまででご勘弁を。


6/9(木)

むっさ忙しい。
でも、何事も手を付ければ進む。

今日は先日書いた中で、5/22に行われたH-IGPの事を少し。

曇りのち雨
朝から良い勢いで風が吹いていて、昼過ぎにもの凄い強風に(5艇が帰って来れなかったほど)

僕自身、牛久至上最多の4バイトをもらうも、フッキング出来ず。
倒れたアシ周りの釣りのためという理由以外に、ポストスポーンの威嚇バイト
ショボバイトもあった。
でも、風が変わってすぐのバイトは、完全に食って来ていて、それを乗せれなかったのは自己責任。
ショックデカし。

で、それでもとても良い報告があり
なんと、優勝者のウィニングルアーに海馬オリジナルが入りました。

<優勝者、越川さん>


<釣れた魚はライブウェルでこんなザリガニを吐き出していた>


優勝者の越川さんは、毎月牛久沼で行われるたまやの大会の常連さん。
つい最近友達から奪い取った海馬を僕に見せてくれて、
「今日はこれでやるよ!!」
と言ってくれてたけど、朝の時点でそんな事信じれるはずも無く。

リミットの3本のうち、1本が海馬、残りの2本はトネスプラッシュ(ラッキークラフト)
という
「やらせか!!」
と言えるナイスな内容となった。

で、何故やらせか!!となるかと言うと、トネスプラッシュはこの大会の主催者の鈴木美津男さんが作ったものだったから。

<実際、使っていた各ルアー>


ちなみに、釣りの内容としては
海馬をガチャガチャ首振らせて寄せてそのまま食わせるか、寄って食わないか、嫌がればトネスプでフォローをする。
といった感じだったと。
寄せるルアーと喰わせのルアー。
このセットはトップの方でももっと勉強して行かないといけない事だと思った。

越川さん、おめでとう。
そしてありがとう。


とまあ、すこし遅くなったけど、ラッキークラフト 鈴木美津男主催のH-1GPは、ハードベイトの強さを存分に見せつける好スタートとなったのでした。
これを見て興味を持たれた方は、次回の印旛戦から参加してみるのも良いかも。
トッパー以外の人のトップの使い方も、とても勉強になりますよ。

というわけで、今日はとりあえず、H-1GPの報告まで〜。

おっと、そうだそうだ
今週末は新利根川で「鋼派」という大会。
その前日、柏のOPA!さんにて、九州の魔法使いこと塚本健太郎さんが来られます。

塚本さんと言えば、ここ数年の私に多大な影響を与えている人。
釣りから、釣り道具、ルアー制作といつも本当に色々教えてもらっています。
で、僕も凄く楽しみにしていて、もちろん顔を出すので、興味のある人は顔を出してみてはいかが?

塚本さん、トップの釣りもめっちゃ上手いから、何でも聞いて大丈夫よ。
怖ければ(どうも塚本さんは怖い人と思われがち、実はとっても優しいよ)僕が通訳で入りますから大丈夫。


6/5(日)

ビルダーの先輩であられる、プライムタイムファクトリーの高井さんが亡くなられたそうです。
僕は直接の面識は無く、作られたルアーと雑誌の記事での認識。
そしてOPA!DVDとその撮影中の話を小林さんから聞いた位です。

丁度先日、痴虫の2度目のDVD撮影が始まって、数日前にふとアブディールの堀田君と高井さんの回を見直した所だったので、この事を知って少しショックを受けたというか、胸に来てしまいました。

何の気無しにあの回を見て、その流れでハトリーズのDVDも見ました。

その流れとは、DVDの中で高井さんがおっしゃられていた、
「幾つになってもこんな釣りを続けたいねー。」
という話から。
すこしして、その代表格である、羽鳥さん達の釣りを見たくなったと。
そんな感じでした。

そういえば、何年も前の出来事ですが、初めて羽鳥さん達のDVDを見た印象で覚えているのは、年齢の事でした。
こんな年になっても良いもんだなあとか、
おっちゃんたち楽しそうだなあとか、
なんだか、歳をとる事も悪くないんだなあと。
そんな事が一番でした。

そして、歳をとることについて高井さんも話されていたので、頭の中でそれが繋がったのです。

OPA!DVDの高井さんは終始穏やかで、誠実そうな、楽しそう、そんな印象でした。
ちょっと、この穏やかな空気は今の僕には出せないぜ。と、思ったり
先ほど書いた、幾つになっても子供のように釣りをしたいよ。という言葉。
映像と、釣りに凄く人柄が出ていて、いい人だなあ、なんて思っていました。

ファンの方々は、高井さんの残したルアーと、あの映像を大事にしてほしいです。
高井さんのご冥福をお祈りします。


6/3(金)

月末は、バサーの原稿やその他色々あってどうしても、更新が出来なくなってしまう。
今も、もうこれから寝る所で、頭ぼんやりなんだけどなんとかせねばの精神で、PCにかじりついている訳で。

前回の更新から色々ありました。

●H-1グランプリのウィニングルアーに海馬が混ざっていたり(3本中海馬で1本、利根スプラッシュで2本)

●お客様がつぶ海馬(小さい海馬55)で野池で54センチ釣った

●お客様の嫁が小さい海馬75で初バスを釣った

とかなんとか色々。

数日中にその辺りの事少しずつ報告して行きます。


僕の方はDVDの撮影を再会しました。
今度は個人での制作です。
それにあわせて釣りには出かけていて、魚はぼちぼち釣れています。
でも、全くサイズが出ない。
気になる事も多いので、久々にダムなんかにも行きたくなってます。


後、今カブメスが少し手直しをしていて遅れております。
その間に、同時進行していたスーパーブッシュさんの15周年ルアー(去年の夏から言われていた奴)の仕上げにかかっています。
そちらの方、出来て来たら写真もあげますので、お楽しみに。

今日は、あっさりですがこんな所でバタンキュー(死語)させて頂きます。


5/21(土)

こんばんは、先日は結局翌日に写真をアップせずでした。

今日は写真をアップするぞと、ブツ撮りをしPCに落とすと先日の亀山の平日大会の写真も出て来たので、まずはそちらをぱちり

<今回の上位入賞者>


<なんと取材で下野さんも来られていました。卵をゲット>


この日、僕はショートバイトに苦しみながら結局ウェイインは出来ず。
でも、大会終了後の居残り練習にて、なんとか小さいながら1匹をゲット。
この魚は、色々考えて感じて最後にたどり着いたものだったので、小さくてもとても嬉しかった(小さいので写真無し)。

これで亀山は連続で魚をキャッチ出来ています。
まあ、大会に出て思うのですが、亀山の大会辺りだとさすがにボーズを恐れて釣りをしている人は少ない気がします。

僕も早く色々覚えて、なんとか1匹から、きちんと目標数を釣れるようになりたいです。

で、今日のお買い物の1枚はこれ

<行友君から頂いた本「日本辺境論 内田樹」と、今発売中のフライデー>


ん、内田先生の本をフライデーの上に置くなと?
良いじゃないですか。

まだ序文しか読んでいないですが、とても面白そうな(ちょっと難しそうな)気がしています。
本の始めの方で、家が汚い人はだめ。
なぜなら、いざという時に人を迎え入れる事が出来ないから、という事らしき事が書いてありました。

家が汚いとだめ、を読んだ時にいきなりのダメ出しをされたようで少しへこみましたが、理由を聞いてホッとしました。
なぜなら、僕はこの工房に何人もの人を迎え入れているから。

時に取材だったり、時に遠方からの来客だったり、時に友人の釣り前夜の集合場所であったり。

そして、幾人もの人から似た様な事をいわれています。

汚いんだけど、なぜか熟睡してしまう。
懐かしい感じで少し落ち着く。
ここに来ると元気になる。
と。

近頃、東南アジアに行かれた方に、痴虫の家が沢山あった、と言われました。
そして、それを聞いて、上の感想がアジア旅行から帰って来た人が言いそうな言葉だなあ、という気がしました。

行友君もたしか、最近はここが落ち着く気がすると言っていた様な。
そういった意味では、汚くても、迎え入れる、精一杯のサービスをする気持ちがあれば、多少はそれも許されるのかと。
少し心の中で、内田先生に反抗してみたりしました
まあ、本当はそんなに褒められた事ではなくて、奇麗にしたいんですけど。

とまあ、釣り人の宿「チムシ荘」の話はここまでにして、明日はH-1GPXです。
風が強いらしいので、少し厳しそうですが、それでもがんばって戦ってこようと思います。

本日は以上です。


あっと、フライデー。
フライデーは女子格闘家の中井りんちゃんのインタビューとかの為に購入。
強い女子、僕は好きです。


さらに追記
先ほど本をいただいた六度九分の行友君のブログ(5/18)で、わたくしめを褒めて頂いております。
褒められると伸びる子です。
あわせて読んでみて下さいませ。


5/18(水)

ブハー、疲れた。
ホント時間がない時に限って、何を血迷ったかテストルアー制作にはまってしまう。
まだ何ともいえないけど上手く行けそうな匂いのするルアー。

先日も同じ様な事をしていて、本制作をずらしテスト制作。
こっちはバサーにも載った、あの輪ゴムガエル君の最終調整。
なんとかいい形が出せて大満足。
実釣でもばっちりで、これで無事ブランク制作に入れそう。

テストルアーは沢山あって、普段からそのルアーを織り交ぜて釣りをしているんだけど、今日みたいに突発的に時間を作って進む事が多い。

で、大体8割から8.5割の状態でボックスに入ったまま熟成される。
そして、本制作の順番がくれば最後の2割から1.5割を急激につめる。
まあ、最後はデザインの問題も大きく、何かびしっと来るまで、微妙な加減をいじる訳で。
その急激な詰めの時に、ぼんやりとしたルアーという物から、痴虫のルアーへとなる。
途中ももちろん痴虫のルアーなんだけど、幼虫から成虫へ変わる瞬間というか。

うちのルアーは、そんなに形が複雑とか奇抜ではないけど、一つ一つそうやってパシっとはまる瞬間を経ている。
で、気づけば大体、ポテッと系かシュッと系か、棒系の3つのどれかになってる。

今後、旋盤系のウッドではなくて、3D形状での制作をする事があれば、そこにいくつかの作りたいシルエットが追加出来る。
そっちも欲しいルアーが増えて来ているので、早く開発に着手しないといけない。
作れれば、武器になるもの多し!!

自分で色々作っておきながら、まだまだ楽しみな物が多い物作り。
少しずつですが、釣り同様前に進んでいるつもりです。
いや、つもりと言うか、確実にズイズイと前に進んでいる実感があります。
そういった意味では、人は何度でも脱皮出来ると言うか、進化、変形、変体出来る物だと思っています。


そうそう、先日書いたH-1GPXですが、これを見て数名申し込んで下さったようです。
何事も初めては緊張しますが、そこに仲間や知り合いが入れば、ずいぶん気はまぎれます。
僕ももちろんガチで大会に参加しますが、困った事があれば声をかけて下さいね。
わからない事以外はすべてお答えいたします!!!!!!!ん??


さて、本日の…。

もう、今日は眠くて頭がギンギンしているので今夜は勘弁してつかーさい。
明日朝起きて何か閃けば、ささっと追加しときます。



5/16(月)

こんにちは。
一瞬心の隙が出来そうでしたが、時間を決めて更新。

さて、今回は大会のお知らせ。

今年から開催のハードベイトオンリーのちょっとマジな大会。
その名も
H-1グランプリ

5月 牛久沼
8月 印旛沼
10月 新利根川

の3戦で、毎回の順位だけでなく、総合成績で年間順位も決める。
年間優勝者にはアメリカ行きのボーナス!!

さすが、スポンサーがラッキークラフトというだけあって夢たっぷり。

来年からは、ダム湖もフィールドに入るらしいのですが今年は初年度という事で、霞水系に絞られたようです。


で、ここまでの情報と上のリンクからの詳細では、ちょっと不安な気持ちもあるかもしれませんが、それは参加者みんなが同じ事。

特に普段トップだけで釣りをしている僕らには、釣りの上では変化する所が少なく、逆に普通より少しチャンスが多いかも。

それから、年間の順位決めもありますが、1戦1戦での結果ももちろんはっきり出ますので、得意なフィールドだけ出てみるというのも有りかもしれません。

とにかく、トップオンリーの大会と違って少しマジなのですが、たまにはこんなのも面白いかと思います。


<興味がわいた方への簡単な説明>

●まず船屋さんに「H-1グランプリに出たいので、船の予約をお願いします。」
と言って、各自船を押さえる事。
●当日、船代と参加費を持って、釣りにくる事。
●その時に、ライブウェルを忘れないように。
僕の場合は大きめのクーラーボックス機能のあるバッカンに電池で動くぶくぶく(1500円くらい)。
夏の大会は、それに家からペットボトルを凍らせたのを持って行って、水温を上げすぎないようにする。

そんなもんかな。

いつもの和気あいあいの大会では無いので、ちょっとぴりっとした空気もあり。
でも、僕を含め、トップオンリーの人の参加も既に数人聞いているので、飛び込みで参加しても、知り合いはいるよ。
ちょっと興味のある人は、是非是非参加してみてくださいませ。

解らない事は、僕にメールで質問して頂いても大丈夫です。
今週、出たり入ったリが多いですけど、夜には必ずメールチェックするようにします。

ではでは、今日はこんな所で。

あ、最近のお買い物だ、今回はコレ。
<パンクファッションには必須のスタッズ(鋲)>

携帯カメラで撮ったらすげーぼけぼけで、すんません。

今、僕のおばかな友人の中で密やかに流行っている?ちょいパンクファッション。
いや、本人達はマジかもしれないけど、僕的にはそのおばかな感じが良くて、ちょっとやってみる事に。

いつか、鋲がばりばりついたのを身につけ釣りをしている姿を見せられるよう、ちょっと研究してみます。

本日は以上です。


5/14(土)

こんにちは。
仕事とは、如何に優先順位を決めるかで、心持ちが変わるのだと感じているこの1週間。
今週最優先で考えているのがHPで、さすがに痴虫ノートまでは手を出せない物の、日々の更新は出来るようになってきました。

今日はGW後の休みと言う事で、知り合いも方々に釣りに出かけている様子。
魚も順調に釣れているようです。
僕は、最近の釣りの中で最も辛い牛久沼の大会を、明日と来週に控えているため、作業の合間に地図を眺めたり、去年のノートを見たりして作戦を練っています。

たまに会う人に牛久沼の状況を聞く事もあります。
こんなけ釣れないとさすがに…。

でも、普段の釣りはよく考えたら、どこで釣れているかの情報をかき集める様な事をあまりしないんですよね。
情報をやたら集めたりするのは、業界ぶっている感じがしてちょっと苦手なんです。
後、あまり聞きすぎると、その情報に振り回される事にもなりかねない。
オープンマインドの妨げになる。
そうは言っても、本当に釣りたければ情報にすがりたくなるのも解りますし。
牛久沼は、そういった意味で、もうすがってもいいからなんとかしたい所なのです。

今晩出発の車の中で、2つのプランのうち、どちらにするか決めないとなあ。


最近のお買い物
<アートフォーオールというフリーペーパーと横尾忠則の画集>


昨日、カルチャートbyビームスで次の展示のオープニングがあり、ふらりと顔を出したのです。
その時に本のコーナーがセールになっていまして、元々そこまで高くなかった物だったので、資料として買うにはちょうどいいかと。

横尾さんの作品は、僕の中では当たり外れが大きくて、この画集も始めの1/4位と最後の2ページの為に買いました。

ただ、やっぱりポスターの時代の物はいつ見ても好き。

最近、好きな服のメーカーが横尾さんと組んでやっていて、それがかなり良いんですよね。
ただ、結構高いのでかなりの覚悟が必要です。

で、その上にぽつんと置いてあるのがフリーペーパーのART FOR ALL(アートフォーオール)

開くとこんな感じ。

今回で7部目らしいのですが、この前初めてこの存在を知って、今回手に取りました。

作りは、痴虫ルアーについて来る取り説と割と似た感じの、折り畳んで8コマに分ける方式。

ただ、これの編集をされているのが元リラックスの編集長の方で、たったこの1枚の紙(両面印刷)の中に、いい感じの内容がとても気持ちのよい情報量で入っていました。
1枚の紙でもここまで出来るんだなーと、感動するとともに「自分の取り説ももっとがんばれるのでは」という緊張感とパワーをもらいました。

ちなみに、宣伝になりますがこのアートフォーオールを知ったのが、取材の依頼でして、この夏に冊子として販売する実験的な号に載せて頂く事になりました。

どのような形になるか解りませんが、既に取材も終わり、後はルアーの撮影を残すだけ。

夏が待ち遠しいです。
販売が決まりましたら、ここでも紹介させて頂きます。

本日は以上です。
みんな釣れてると良いなあ。


5/13(金)

あちい。
あちいよ。

Basserをご覧になられた方はお分かりかもしれませんが、パソがある部屋は2階。
ちょっと天気が良くなると、既にこの時期からあつい。
だてにトタン屋根じゃない。

しかし、HP出来るだけ更新、やれば出来るもんだな。
1日ずれたけど、今日も更新。
いずればてるまで、こまめにやる。

で、数日前から初めた最近のお買い物。
そんな毎日特別な買い物はしていない…。
と言う訳で、少し日をさかのぼっての最近のお買い物をパチリ。

<人生4個目のイーズグリーン>

少し前になるけど、今年の釣りに、前に買っておいたフレームにイーズグリーンを入れた。

ちなみに、僕のイーズグリーンの歴史は紛失&破壊が少しばかリ繰り返されていた。

1つ目はグッチのフレームで、波に吹っ飛ばされた時に、磯に流れて行った。
2
つ目は古いレイバンのウェイファーラーで、友達んちで落としたのに気づかず車で踏んづけてスカウターになった。
3つ目はこれまた古いレイバンのウェイファーラー タイプ2。
タイプ2は普通のに比べて幅が広くて、顔幅がある僕にはぴったり。
古いので、顔にそわせるカーブが無くて、ビビるほどまっすぐ。
そこが気に入っている。
レンズがでかくて見やすいのはさすがレイバン。
今でも愛用中。

そして今回の4つ目。ミクリ×スタルクのフレーム。
めがねの幅が鬼のように狭くて、僕の顔には全くあわない。
それを、何時もお世話になっているメガネのスエナガさん(東京の目白駅にある)で強引にフィットしてもらう。

偏光に関しては色々な思いがあるんだけど、簡単に言うと大好きで、はまってる。
持ち合わせのサングラスはすべて偏光にしたい。
レンズにおいては、明るさではイーズグリーンだけど、好みは色の変わらないトゥルービュー。
いつか、イーズグリーンクラスの明るさのトゥルービューライトなんて出ないかと期待している。
釣り専用でなければ、フレームにあわせてレンズの色を決めたりもする。


僕はいつも先に気に入ったフレームを買っておいて、余裕ができたらレンズを入れる。
そうすると、支払いが分けられるので少し楽。

まだまだ偏光への思いは尽きないけど、それはいつかBasserの「チム史」にでも取り上げて書こう。

でも、色々な理由で偏光はした方がいいよ。
マジで。
それは間違いない。
僕は仕事で目は命なもんで、保護の役目もかねて、釣りの時とドライブの時はいつも着用。
へんこーさいこー。


5/11(水)

昨日書き忘れましたが、GW明けの今週は出来る限りHPの更新を密にしようと思っています。
その訳は、辛い休み明けに少しでも娯楽があればと。
ずいぶん更新が途絶えたお詫びに、色々考えた結果です。
休み明けの嫌な週を痴虫HPのGWとして、更新をし続けようと思った訳です。

そんな訳で今日もPCの前にやってきました。

GWと言えば一度もそういった大型連休のある仕事に就いた事がありません。
会社へまともに就職した事が無いのでそれもそうなのですが、いつもこの時期になると羨ましい気持ちになります。

平日に休みが取れたり、自分で休日を決める事が出来る仕事なんだから、端から見ればいつでもGWと変わんないじゃないか。
と思われるかもしれませんが、作業した分しか仕事が進まない仕事は、長期休暇はお金が出て行くのと同じ事。
そこがちと辛い。
休んでいても、心の何処かでその埋め合わせが来ると言う事を考えてしまう訳です。

そんなGWですが、毎年決まってシーバスのデイゲームに出かけていました。
OPA!シーバス部の行事の名残です。
でも、今年は中止。
浦安の方は液状化がひどく、いつも止めている駐車場付近も道ががたがただそうで。しかも、干潟の方もどこまで入れるか解らなくなってしまっているとか。
道が整備されて秋の部が開幕しても、もしかしたら入れないかもしれない。
色々な事を覚えた場所の一つなので、寂しい限りです。


さてさて、GWの話はそんなとこにして最近のお買い物。

<ネコのきんたまのキャラクター、その名もきんた君と大好きな寅さんの名言集1と2です。>


彼女の買い物のお供に大型スーパーに行き、100円のクレーンゲームを2回。
見事なだれを起こし、沢山のきんた君とその仲間達が穴に転がり落ちました。
さて、このきんた君、本当はカピパラさんというキャラクターの顔らしいのですが、あまりにもネコの玉々にそっくり。
帰って、ネコのおまたに添えてみましたが、違和感ゼロ。
いやしかしこの顔でこの数、和むわ〜。

『人生に 寅さんを。』
寅さんの名言集は、欲しくて買い忘れていたもの。
まだまだ映画は全部を見れていないので、知っている言葉は少ないですが、とても好きなのが載っていたので、それを書いて今日は終わりにしたいと思います。

「あの、
何か困ってることが
ございませんか。

どうぞ私に
言ってください。

たいしたことは
できませんが
指の一本や二本、
いいえ片腕や
片足ぐれえでしたら
何てこたあ ありません。

どうぞ言ってください。」

第8作 『男はつらいよ 寅次郎恋歌』より


これを聞いた時、泣きました。
寅さんは、これを言う少し前に、全然違う言葉を練習していた気がします。
でも、いざ好きな人の前に立って出た言葉はこれでした。

自分がその人に出来る精一杯の事。
それを伝える言葉でした。

また、寅さんの続きを見ないとなあ。


5/10(火)

大変ご無沙汰しておりました。

少し落ち着いて、遅れを取り戻そうと仕事&釣りに入り込んだ結果がこの始末です。

魚はチョボチョボ釣れていたり。
(最近の2回はバイトのみに終わりましたが…)
作業は徐々に進んでいたり。
絵を見に行ったり。
ラジバンだり。

その、沈黙を破いてくれたのが、六度九分の行友君。
一昨日から関東に来ており、一緒に美術館に行って、デジオを録って、釣りに行きました。
そのデジオをあげるという行為でホームページをアップしないとと思い続けた「やらねば」の金縛りから踏み出せました、感謝。

という訳で、デジオ虫の声更新しました。


そうそう、それから今月発売のBasser6月号(P104、105)にカラーで載っけて頂いております。
痴虫ファンはマストバイでございます。
毎月書いている「チム史」とあわせてご覧下さいませ。

<表紙は世界のT並木さん>

<2度目の登場 魂の釣り道具>

おもしろ記事を書いて頂いた、OPA小林さん、バサーの金澤さんありがとうございました。


更新しない間に少し考えていた「最近のお買い物の1枚」コーナー
日記更新あたりで買った楽しいお買い物をちょろっと紹介する、おまけコーナーです。

早速最近の1枚を
<おしゃれリサイクルショップで見つけた心臓の置物>

飾るときは、下に転がっている心臓のふたを右の方にかぶせて、心臓を完成させる、以上。


それから、写真整理で先日大阪に行ったときのも出て来たので、それを少しあげて本日は終了します。

<武田さん車とカヤックを洗う その1>


<武田さん車とカヤックを洗う その2>


まるで日本に見えないこの機械。
100円でずいぶん長い間、水が噴射されていました。

車掃除の途中、悪い顔で振り向いた武田さんから、水攻撃を喰らったのは言うまでもありませんね。


というわけで、またコツコツとアップして行けるよう頑張りまうす(もう古いか)。


4/15(金)

震災以降、どうも色々なリズムが狂ってしまって、未だなんだか落ち着かない。

落ち着かない訳は

釣りに行けなかった分をまとめて行ったり。
新しい機械を買ったら、思いの外でかくて設置する場所を補強&お掃除ダクトの改良と、作業場の修正をしてみたり。
車が新しくなったので、キャリアー周りと、その他少しのセッティングをしてみたり。
糖質減らしダイエットしたら急に風邪を引いて、半日寝込んでみたり。
ラジバンだり。

振り返ると、震災とまるで関係なかったりするのですね。


そうして、ばたばたしているうちにに春が来ましたね。
先日は牛久沼の大会以外に、亀山ダムの大会にも出てみまして、なんとか魚をゲットし、ずいぶん久しぶりのウェイインを味わいました。
詳しくはバサーの原稿で書きますが、とにかく嬉しかった!!

来週も時間を作って何カ所かフィールドチェックに出かけようと思います。


うーん、眠いからかなんだか頭の回転悪し。
今日はここまでにしときます。


4/5(火)

ちょっとご無沙汰しておりました。
先週には大阪から帰って来ていたのですが
地震→停電とか色々→大阪→東京(埼玉)
と一気に色々な事を考える機会がありすぎて、僕自身の心がぐらぐらに揺れて、なかなかHPに向かうという状態になれなかったです。

特に大阪の1週間、帰って来た1週間は色々な人に会ったり、電話で話したりして相談に乗ってもらいました。

とても身近な友人の言葉がしみた事。
逆に、仲が良いために話せなかった事。

痴虫というブランドと僕自身は、今いる環境とまわりにいる人達のおかげでバランスをとって生きているんだと心の底から感じました。
皆様ありがとうございました。


その間、牛久沼のチェックに行ったり(坊主)。
中目黒に呼び出されてお酒を飲んだり。
青山で絵を見たり。
カルチャートで、談笑しつつ打ち合わせをしたり。

色々な事がある中でも生きている、東京や、関東の自然を感じました。
そうやって時間をかけて、揺れる心と向かい合いました。

震災からも、原発からも心をそむけず、自分の生きて行くための道を再び歩いて行く。
ぐらんぐらんに心を揺らしながら一生懸命感じて、覚悟を決めました。

絶対ではない、でも今はそれで行く。


揺れた心ではなかなか物は作れませんでした。
作業も遅れてしまった。
でも、僕と痴虫というブランドは、きちんと一つの節目に向かい合い、次の一歩を決める事が出来た。

これからも一段と強く、繊細な物を作って行くぜ。


3/20(日)

あの、誰もが信じられない1日から、10日か経ちました。
ずいぶん長い1週間(と少し)だった気がします。
始めの頃は衝撃が強過ぎて、現実を受け止めて行くのに数日かかりました。
それと同時に、何かしないと、と思って出来る事を探し、行動をいくつかとるのに数日。
そして、少しずつ落ち着いて物が見られるようになったり、人と話をするようになったここ数日。

たった十日で、疲れる位の色々な感情があり、色々な考えを頭に巡らせました。


一昨日の金曜日、震災の影響もあり納品が遅れていた、
TOKYO CULTuART by BEAMS(トーキョー カルチャート by ビームス)
に納品に行ってきました。
数回前に写真をアップした、小さい海馬の55ミリ(ウサギ&みかん)です。

既に問い合わせを数件受けてもらっていたようでした、ありがとうございます。
興味のある方は、お店に行くか問い合わせてみて下さい。


その日は、原宿に行く前に“やぶのけんせい”さんの展示を見るため、新宿の伊勢丹メンズ館へ。
やぶのさんはBeckのアルバムジャケットのデザインに参加したり
コムデギャルソンのレディース2011春夏のテキスタイルデザインをされたりと
日本だけでなく国外でも活躍されている方で、カルチャートで取り扱われているご縁で知り合いました。

新宿の伊勢丹メンズ館の8階はなんだか、高級なにおいぷんぷんの所でそんな中で、立体と平面が結構まとまった点数で展示されていました。

<全体像>


<下のガラスケースの飾ってあった平面>


<立体作品アップ>

デジカメを忘れて、携帯でとったのでちょっと荒いです。
あと、本人の写真とるの忘れた。

この展示は22日か23日まで(曖昧でスイマセン、22と23どちらの情報もあって解らなかった)。
さらに、4/6から同じ場所で、違う内容で展示されるそうで、その時また遊びにこようかと思っています。



新宿→原宿と久々の都内を満喫した後、友達と久々に飲みました。
会う前はずいぶん疲れていると聞いていたのですが、飲み出すと友人もまわりのみんなも元気になり、とてもいい気分転換になりました。
友達もそうだけど、地震の心配、原発への不安、停電等による仕事や生活の乱れなど、被災地の方々ほどでは無いにせよ、関東圏の人間にも過度のストレスがかかっているのを実感しました。

関東の人達は、直接の震災の被害がないため、本人達は被災者の方々へ何かしたい、という気持ちで動いているのですが、実は先ほど書いたように、自分達もずいぶん不便かつ、ストレスが溜まり易い状態で生活しているのです。

実際、ガソリンや、節電、自粛の影響で、釣具屋を含む色々なお店に深刻な影響が出ています。
取り扱いしているお店と話をしても、皆さん今までに聞いた事のないくらいの心労を感じます。
「店に人が来ない。」
もちろん、燃料や、電気が安定するまでは気分転換で釣りに行くのは少し控えた方が良いかと思います。
難しい所です。


関東は直接の被害が無くても、関東圏は仕事や生活レベルでの被災地になってしまっていると言えます。
ただ、家も大丈夫だし、自分も元気だからやっぱりもっとひどい震災地のの方々の事も気にかかります。
自分で経験しているから、はっきり言えるのですが、とても中途半端で、不安定な立ち位置です。
なので、関東圏の仕事をしている人達は、自分の疲れ具合に気づく事も大事だと思うようになりました。
(興奮していると、疲れに気づきにくい。)

ちなみに、痴虫でもチャリティールアーという動きをします。
それには関東のお店を絡めてやろうと思っています。



今回の震災は、ダメージの規模がめちゃくちゃ大きい。
明らかに長期戦です。
ダッシュしすぎても、持たない。
でも、急がないと行けない事も沢山ある。
手助けをするときは頑張る、でも自分のパワーを見失わない気遣いだけはするべきです。
正直、電気の面だけでも安定している西日本の方々の援助が欲しいです。

そして少し落ち着いたなら、気分転換をしよう。
少しだけ、心に新鮮な空気を送ろう。
お店で買い物をしよう。
気分転換に店に遊びに行こう。
通販でもいいので、店と遊んで欲しいです。


これまでに誰も経験した事のない状態です。
その瞬間、瞬間で考え、フレキシブルに対応して行く事が大事だと思います。

ちなみに、僕は明日から少しだけ大阪に帰ります。
避難と言えば避難ですが、ちょっと離れた地からこっちを見たい。
出来る事なら、死ぬまでこの地で仕事をしたいと思っている関東の地を、少し離れて見てみたい。

帰って来たら、何を感じたか書こうと思います。
ただ、今言える事は、週末の都内の刺激、友達との貴重な時間で、やっぱり僕は今住んでいる所が好きなんだという事です。


3/17(木)

落ち着こうとして、落ち着いているつもりでも、何か浮き足立った状態ですね。

今日は、朝から毛布、食料、ホッカイロを送ってきました。
移動はもちろん、金色のスーパーママチャリ。
送り先はこちらより。
http://rebirth.heteml.jp/blog/

寄付金と言うのもわずかですが、やりました。
チャリティールアーもやるけど、それは時間がかるので
一足お先に日本赤十字
ビームスがやってるチームBEAMS“今、ビームスにできること”
へ、ポチッとなです。
竿1本買う時期を先延ばしした様なもんです。

道楽の山根さんも動かれています。
山根さんの言葉は少し怖く聞こえるかもしれないけど、暖かいです。
山根新報
3月16日の話、最後まで読んでみて下さい。
僕も出来る事を一つずつ、やった気にならないで考えて行きます。

ヒヨコサロンでも、震災についての回が数回アップされました。
役に立つ話もあり、恐くなる話もあります。
小川さんの話を聞いた夜は、寝付きが悪くなりました。
それでも、僕は今の所埼玉で仕事します。

とりあえず、今の事を少し書きました。
すべてにすべて、共感して動くと言うのは無理です。
自分の出来る範囲で、自分で考えて、とれるなら行動しましょう。
僕も無理はしていません。
でも、ちょっと格好つける位はやります。
ええかっこしいですから。

そうそう、こんな時だから。
右上の夜空の星より、アイドル道更新しました。

さて、気を鎮めて仕事します。


3/16(水)

皆様、お元気でしょうか?
大変なのはもちろんですが、出来るだけ前向きに、元気に。
今の所、福島、栃木の友人やお客さんの安全は伺いました。
皆さん建物の方など、かなりの打撃だそうですが、それでも元気そうでうれしかったです。

一応念のため、僕の状況を先に話しておくと、地震の起きたときは名古屋にいました。
翌日は名古屋バスフェスタに1日居ました。
翌々日(日曜日)様子を見つつ、夕方に車で出発し、朝には到着しました。
作業場は、奇跡的にたいした荷崩れも無く大丈夫でした。

これからまだまだ、色々なことが起きる覚悟は持っておかないと行けないのですが、今の僕の立ち位置は危険な現場に近い物の、安全圏です。
幸い、工房もそれなりに広いので、避難の際の休憩所位は出来るように、準備(主に心の)しております。風呂はないですが、6〜7人くらいは泊まる事は出来るでしょう。
釣り道具や、釣り雑誌も沢山あります。
長く居て、やる事がなければ、普通の人が出来る範囲のアルバイト(時給制)も考えています。
避難して、痴虫ルアーを手伝ったなんて、復旧後いい話のネタになりますよ。
まあ、そんなんで、特別凄い事などは出来ないですが、一つの受け皿として埼玉に痴虫工房と言う、釣り人向けの緊急時の宿泊施設があると言う事を覚えておいて下さい。


それから、今回少し良かったと思う事がありました。
それは、震災の際の遠く離れた地の空気感と、帰って来てなお揺れている関東圏の空気感のどちらもを味わえた事です。

例えば、名古屋のバスフェスタ。
被災地に近い側の人からすれば、こんな時にイベントなんて、と思うかもしれませんが、実際名古屋も結構揺れたものの、被害と言うレバルではなかったと思います。
僕はあの時名古屋にいたので、イベントが行われた事は良かったと、素直に思っています。僕も自分の家がどうなっているかの心配はありましたが、あの土地に居れば、やると言う判断の方が正しいと思えたからです。
不謹慎だからやらない、というのも一つですが、大丈夫と思うならやった方が良いと思う訳です。
実際、会場で東北や関東の心配をしていない人は居なかったと思います。
それでも、イベント自体は熱気に包まれ、楽しく盛り上がりました。
そして、その心配がきちんとした額の募金にもなっていました。
http://www.nagoyabassfesta.com/
その時、その場所で何を行うかは、土地の人が決める事だとそう思えました。
これが、関東に居たら解らなかったでしょう。
なので、その土地で判断をして、決断をした名古屋バスフェスタの関係者の皆さんを攻めないで下さい。


それから、もう一つ。
震災後、ありきたりですが僕が色々お世話になっている“塊”のメンバーよりチャリティーのルアーをやろうと言う話が出ました。
まあ、ベタな話です。
それでも、僕たちの仕事はルアー作りなので、そんな事しか出来ないのです。
と言う訳で、僕もその件に素直にのる事にします。
色々知恵をしぼって、皆がプラスになるような方法で、しかもきちんとした数字(金額)を出せるように今考えています。
もう少し、全体が落ち着き始めて、僕の方の考えもまとまりましたら、発表するようにします。
特に、震源地から遠い地域の人達は、必要ない食べ物、必要のないガソリンの買い占めなどしないで、どっしり落ち着いて痴虫ルアーを買い占める準備でもしておいて下さい。
無駄に焦って、過度の心配をするのではなく、落ち着いて自分が出来る範囲の事を、プロの指示に従って、考えて行動をとりましょう。

最後につまらない写真などをお見せして、本日は終わります。
<緊急時必須のライトコレクション>

左から、この前福島のポパイで電撃的出会いをした、恐竜型ヘッドライト。
光は弱いですが、スイッチ(口を広げる)とギャオー、と鳴き声が出ます。
真ん中、ゼクサスの現時点最強ライト。
もうすぐさらに強いサファリというのが出ますが、めちゃめちゃ明るい。
心強いお供です。
右端、ペツルの小型ライト。
電池の減りが穏やか?今はできるだけポッケにこれを入れておく方が良いかな、なんて思っています。

他にも、ゼクサスの手持ち型の明るい物や、ちょい前に使っていたヘッドライトがあるのですが、現在行方不明中。
ま、そんな所です。

最後はつまらない話でしたが、とにかく頑張りましょう。
皆がまた、笑って釣りが出来ますように。


3/10(木)

これから名古屋に出発です。
1日早く立つ理由は、三重のルーシー・リー展を見るため。
その後、ハスキーマスキーさんに行きます。

明後日の名古屋バスフェスタは、遊びに行くだけで展示、販売等はございません。
ポケットティッシュも持って行きますので
「ポケットティッシュちょうだい」
と遠慮なく声をかけてくださいませ。


3/9(水)

お久しぶりです。

●もうすぐルアーが完成する。
●バサーの原稿を書かなくてはいけない。
●アイスフィッシングに出かけていた。

それらの理由で、少しホームページから離れておりました。
スミマセン。

今も、まだリグ組中で、眠いしそんなたいした内容書けなさそうなんですが、とりあえず撮っておいた写真上げちゃいます。

<小さい海馬75ミリ>

左が「エクスキャリバー雪うさぎ」
右が「チャートン ミカンヘッド」

<小さい海馬55ミリ(カルチャートbyビームス用)>

小さくてかわいい55ミリ

<全体写真>

並べると、結構なサイズの違いを感じます。

<目玉沢山>

この状態の目玉も大好きです。

<みかん沢山>

ルアーとしてはかなりマジな色ですが、なにげに頭が“みかん”なんです。

<うさぎ沢山>

真ん中の正面向きうさぎが可愛いね。

と、イメージはこんな感じです。
お店には週末〜週明け位になると思います。


今週末は名古屋&牛久沼大会開幕戦。
それらが落ち着いた来週から、やっと今シーズンの本格的な釣り開始です。

HPの方も今回のルアーの話、アイスフィッシングの話、入門コーナー(頑張る様にとはっぱを掛けて頂きました。)ためちゃってますね。
デジオの方はアイスフィッシング編はアップしておりますが、また1人しゃべり、塚本さんのゲスト放送を録らないと。

2月末からちょっと乱れましたが、来週からまた整えて、ずいずい進んで行きますので、ルアー共々よろしくお願いいたします。


最後にとある酒の席にて

若いけど、この人社長さんで、最近ちょこちょこ遊んで頂いております。
今流行のカンニングの方法に付いてのレクチャーをパチリ。

<携帯をいじる机の下の(本物の)腕に注目>

おしまい。


2/22(火)

あー危ない。
忙しくて、うっかりここの存在を無視する所でした。
少し空きましたが、フィッシングショー大阪とぶらり旅書かないとね。

2/6(日)
大阪生まれの私ですが、生まれて初めてのフィッシングショー大阪。
友人の車に揺られて会場に着いたのですが、まず始めに横浜とは違うマンパワーに驚きました。
驚いたと言うか、ビビったと言うか。
なんなんですかね、まわりすべてが関西弁(僕もですが…)久々に国外から帰って来たような感じがして、馴染むまでは少しドキドキ。

他の関東からの業者さんは1ヶ月半遅れると仕事柄困ると言う事で、来られれた方が多かったそうですが僕は、どうせ横浜でも見れる、と言う事で込み合った中で物をチェックするのはさけて、会場の空気と、こちらでしか会えない人への挨拶まわり的な感じで回りました。

なので、そう対した出来事はないのですが、いくつか写真がありましたのでそちらをポイ。
<西でも東でもどこでも入り難い道楽ブース前で>

初めて「しのやまねきしん」に写真を撮っていただきました。
ド緊張しましたね。
カメラを構えている山根さんの左隣、誰か解ります?
始めの頃の道楽を知っている方なら解るかと思いますがエディーさんこと大熊さん!!
復活されたとは聞いていたのですが、久しぶりにお会いするとなんと言うか、ちょっとヤバかったです。泣きそう。
高校生の頃に心斎橋の神風に行っていた時に戻った感じになりました。
(ヒヨコ山科さんとかティート山本さんとかがデビューする前のルアーをそこで見たのも、今の仕事をするのに影響があったと思います)

<ヒヨコサロンでお馴染み、漢磯紫流儀 赤木さん>

これまた私、ド緊張しました。
しかも、これ撮ってもらっているのが武田さん(贅沢やなあ)。
ヒヨコサロンでこちらが一方的に知っているだけだったのですが、突然本人を目の前にすると何を話してよいか、解りませんね。

<我が恩師、ラッキークラフト 鈴木美津男さん>

美津男さん大阪でも人気でしたね。
水槽のまわりも人が多かったですし、上にのっている美津男さんを見つけて、聞きに行く人も見ました。
そう言う僕も、こっちで会えるのになぜか大阪でも長話(仕事の打ち合わせも含めてですが)。
そこに三宅さんも加わって、楽しい時間を過ごせました。
また横浜でも遊びに行きます。

他にも、武田さんと一緒になり、モンベルのカヤックチェックに行ったり
マグロ解体ショーのすし食ったり
ccベイツの中村君、クローラーの井上君、打越さん、YOSHIさん、北大華僑組のダシヨとか久々の面子とも会いました。
そのうちの数人とフィッシングショー後、軽く飲みに行ったりも。

この後名古屋、横浜にも遊びに行きますので、見かけたら声かけてくださいませ。

           *      *      *
で、大阪ぶらり。
こちらは写真中心で。
<例のルアーカラーの元です。去年塗るまで全国展開の店だと思っていました。>

後ろにそびえ立つのが関西のスカイツリー、通天閣。
この辺は治安よくなった方ですが、それでも色々笑える所が残っています。

<全部お酒の自動販売機>

需要があるんでしょうね。
ワンカップの自販機ってこれの1/3くらいの幅の奴の印象がありますが、この大きさを見たのは初めて。

<ヒョウ柄マフラーを巻いたヒョウ!!>

この店で、虎とか猫とかの刺繍のトレーナーを探していたんですが、見つかんなくて、その間に店の人ががんがん来る

「兄ちゃん、いい体してんなあ。
兄ちゃんやとB体(びーたい)やな。
これとかどうや。」
と。
B体って初めて聞きました。
他にも、「良い革使ってんで!!」とかも得意文句らしい。

ま、そんなんで、高校の時に遊びに行ってた天王寺に行って、相変わらずの空気を感じて、楽しんだと言う話です。

帰りに、みた事ないアニメの総柄のTシャツなんぞを購入して、家に帰った次第です。

今日は、あまり釣りと関係ない事もありましたが、次回はいよいよ、小さい海馬75のイメージ公開出来そうです。

と言う訳で、ラストスパートをかけに、作業場に戻ります。
デジオは、もうしばしおまちくださいませ。
やる気持ちはありますので。


2/14(月)

あー忙しい。
しかし、色々やりたい事も溜まっており、その一つの痴虫ノート更新しました。
まだやっているのか、と思われるでしょうけど、オプライドのレポートファイナル書き終えました。
これで、次回より晴れて最近の話を書いて行けます。

とりあえず今日は痴虫ノートで出し切ってしまったので、お知らせのみと言う事で失礼いたします。


2/13(日)

大阪から帰って来て、なかなかリズムが会わずに仕事をしていたのですが、やっとこさ(帰って来て4日ちょい)落ち着きました。
まあ、何が落ち着かないって、大阪→埼玉の運転が夜通しなもんで、それまでの生活の乱れに拍車がかかり、いつ寝ていいか解りません。
と言う訳。

僕の体内時計では、1日が24時間半か位あり、自分のリズムで生活すると毎日30分ちょい寝る時間が遅くなって行くのです。
そして、1ヶ月半くらいで見事に朝昼逆転を1周する訳です。
その間に、夜釣りや、夜出発の釣りなんかもあるからそう完全ではないですが。
今の自分の寝る時間が見つかるとそこからは大丈夫な訳で、それを見つけるのに少しかかったと言う話です。

で、前回にも書いた通り大阪への出発の日、千葉でシーバスチャレンジの納会があり、僕も奇跡の1匹(自己記録)でスピンアウトのマルスズキ部門で入賞。
しかも、一つ上の順位の人がヒラの部で優勝されたので、マルの部を辞退してくださったせいでなんと準優勝!!
<尊敬する二宮先生よりトロフィー授与!!>

<見よ、この万遍の笑み。>


服装がパジャマみたいなのは置いといて、本当に嬉しかったです。
で、納会は飲まずにひたすら、異文化交流。
ヒラスズキ釣りの話と、サーフィンの話が多い。

サーフィンと言えば、この回を仕切ってくださった、J’sの岡田さん(1枚目の写真の僕の後ろに移っておられる方です)。
サーフショップを経営されており、僕もスロテ林さんの薦めでウェットを作っていただいた訳ですが、僕らの釣りの方ではスロテ人気定番商品のレインガード、そして最近出たリールカバーを作られている、と言えば解りますかね。
その岡田さん、めっちゃいい感じのおっさん(おっさんは敬語です)なんですが、僕が入賞した時のブログにとっても嬉しいコメントを書いてくださいました。

「マルスズキのランキングにも変動がありました。
突如、ハンドメイドルアー界に狂い咲いた仇花、
あのチムシ松本君がランクインを果しました!
初海行にてランクイン、やるでないの!?」

仇花(徒花)って。
本当はあまり良い言葉じゃないのかもしれませんが、僕にとっては最高の褒め言葉であります。
シーバスチャレンジは、釣りとサーフィンをどちらもされている方が多く、サーファーの方々のライフスタイルは、とても共感かつ勉強になる事が多いです。
こんな方々とも遊んでもらえるのが、磯釣りの楽しい所かも。

それから、大阪まで8時間トイレ休憩以外は休憩無しで行って、初の大阪フィッシングショー。
これ、カメラ持って行くの忘れて、友人のカメラで少しだけ撮ったのでそれは後日。

           *      *      *

フィッシングショー、通天閣と大阪を満喫して帰って来たら、山口屋さんからメールで、好評で売り切れましたとのメールが。
ガーン、まだホームページに上げていないのに…。

元々山口屋さんは、僕が渓流のルアーを買いに行く店だったんです。
それで、ミノーのアワビ張りを見て、ちょっと痴虫でも貝の張り物をしてみたいなー、という事で貝の張り物のみの取り扱いが始まり、それしか卸していないので、ひっそりやっていたんですよね。
ただ、あまりにもひっそりだったので、取扱店のページを更新する時に入れて、今回やってますよと紹介をしておこうと思った訳で。
だもんで、ちょっと数が少なかったかもしれません、ごめんなさい。
次回は、山口屋さんと少し相談します。
でも買って下さった方々ありがとうございます。

時既に遅し、ですが一応どんなのかだけでも写真を。
<セクシーラベンダー(さざえ)>

<ホットタイガークロー(ニュージーランドアワビ)>


その後、ロットンさんからも在庫少しとの連絡を受け、ベーシックな分野のルアーであるQpをまたまた買ってくださった事にとても感動した訳で、ほんとありがとうございます。

なんにせよ、どこでも役に立つルアーですので、是非色々な使い方を試してみて下さい。


海馬75の正月カラー(もう2月も半ばを過ぎていると言うのに…)2色の方も、もう少ししたら画像報告出来ますかね。
どちらも実践的かつ面白かわいい色に詰まって来ていますので、お楽しみに。


と言う訳で、次回はフィッシングショーと、大阪ぶらり編をアップいたします。


2/5(土)

本日夕方より、南房総のシーバスの大会の納会に行き、その足で一路大阪へ。
明日のフィッシングショー大阪へなだれ込む予定です。

そう、その房総のシーバスチャレンジ。
メインはヒラスズキ部門なのですが、スピンオフでマルスズキ部門もあり、先日の写真の魚がなんと、3位になりました。
パチパチパチ。
これもひとえに、良い場所に良い時に誘ってくれているスロテの林さんのおかげなんですが。
でも、今回去年と違う部分が一つだけありました。
それは、その日、誘われるでも無く今日いけるんじゃないかな、行きたいな。
と思って自分で風とか潮位を調べた事。
去年の釣りの日記があるので、同じ場所であれば、どの潮位で入れるかが解る訳で。
そうしているうちに電話が鳴り「明日行くけど…byスロテ」
となった訳です。
ほんの少しですが、成長しているのかな?
ま、ノートにとって置くのだけは無駄ではなかったと言う事です。

で、先日送ったルアー達。
どちらも喜んでいただけたようで、本日は大阪に行くまえにロットンさんの分の写真を上げて行きましょう。
ハイこちら。
<素(ベージュ、さつまいろ)>

もう一枚
<素(翡翠色、グレー、ピンク)>

こんな感じです。
前回のボルチのオリカラより、何となく勝手にこんな感じかなと、ロットンさんのは焼き物をイメージした物になっておりまして、どちらもちょこっと出ている色がメインの色の下地になっていると。
一番解りやすいのは、始めに出した奴かな。



茶色地のボディーを真っ白の中にどぼん。
ただの白ではなく、エッジ下の色がうっすら出るんです。

今回のも、「吹き」とは違う「どぼん」の味わいが、表面の質感や、目のまわり、ザラザラへの塗料ののり方等に現れています。

それから、これらのQpはどちらも胸びれお手て仕様になっています。
この小さなブレードのせいで、水の噛み方が変わったり、ウェイトの役割をする事で首振りの感じが変わったりします。
Qpの場合、前(胸びれ)に付いているタイプはカウンターウェイトの役割をするため、首振りの勢いが強くなります。
やりすぎると後ろを向いてしまうほど。
なので、細かくキュッキュッと首を振らせるのが良いかなと。
抑制のために、リアペラのヒートンにフェザーや、何か抵抗物をつけたりするのも面白いかもしれません。

逆に後ろについているのは、リアウェイトの役割の要素を増した感じになるのと、尻回りの水噛みがとても強いので、がんがん首を振らせてもわりと止まる感じ。
Qpの特徴をより特化させた、という感じでしょうか。

ま、それぞれ特徴はありますが、首を振らせてみて各自の間の取り方、水の押し方、力の逃がし方等を楽しんでください。
ハイアピールで、点の要素が高まり、冬の魚を出しやすくなっている部分もあると思いますので、初釣りのお供等にもどうぞ。


では、そんな感じで、これから家を出て、川口→千葉→大阪の旅に出かけてきます。


2/2(水)

録らないといけないと思いつつ1ヶ月以上放置していたデジオ録りました。
久々なのに、なぜか酔っぱらっています。

いや、晩酌なんて年に数回。
お酒は好きなんですが、家では飲みません。
でも、なんだか今日はそんな気分だったのかな。

今も録り終わって、ほろ酔いのまま書いています。

デジオの方は、明日には圧縮してアップします。
明日と言うか、これを見てもらった少し後、いや、明日(3日)の昼過ぎにはアップします。

ルアーの方ですが、予告通りロットンさん山口屋釣漁具さんに、ハイアピールQpをお届けしました。

そちらの方も順次ホームページでお話しいたします。


今年も1ヶ月過ぎましたが、今までと違ってかなり引き締まったままなんとか1ヶ月頑張りました。
釣りも、仕事も、遊びも、HPも全部、時間をすべて無駄にしないで頑張っています。
それでもまだまだです。
でも、あきらめないで一つ一つこつこつと。

それもこれも、目標とする先輩が出来たから。
塚本さん、西根さん、那須さん。
ヨッッパラって居るからちょっと恥ずかしい事書いちゃいます。
この人達、釣りも、制作もレベルが高いんだこれが。
凄く意識レベルが高い所でしのぎをけずられている。
大人と子供の差を感じますよ。
でも、塊で出会えて、なんとか学ぼうと思っています。
知の虫ですから喰らいついて行くんです。

身近な行友君にだって負けられません。
若い人間が出来る事は、上の人間に噛み付く事。
それだけです。

去年あたりで、本当に心の底から釣りも仕事も面白くなってきました。

なんだ、今まで入り口にも立てていなかったのかと。
そんな気分です。

それは、今までが間違っていた、と言う意味ではありません。
今までもちゃんと自分なりにやって来ました。

僕の武器は感覚です。
今までは野生の感覚に頼ってきました。
そこに知性の感覚を加える。
それが、今僕が欲しい事です。

と言う訳で、本当に一つ一つ、頑張りますのでよろしくお願いいたします。

寝るぞ。


1/27(木)

久々に痴虫ノートを更新
(昨日今日と二日分アップ)

最近出したルアー(オールスター、JFLCC)の話、試しているルアーの話。、次に出すルアーの話、などを書いて行こうと、ふと痴虫ノートを見るとオプライドのレポートが途中のままでした。
なので、去年の10月からほったらかしにしていたオプライドのレポートを思い出して書きました。

こういうのはタイミングものだから、今頃書いても仕方ないのですが、大会って面白いし勉強になるので、その辺の事を少しでも書いておければと思って。

次のレポート最終回は、川村光太郎さんと、折金さんの講習会の話を書きます。
実際、講習会はめちゃためになったし、面白かったのでレポートで書きたかったメインもその辺にあります。
それが終わったら、また少しずつルアーの話を書きためて行こうと思います。


そうそう、その痴虫ノート
過去のものをブログに引っ越ししています。
(まだ途中ですが)

構造上ブログの形式の方があっていたんですね。
項目分けして、後から見直したりとか出来る。
ブログにそんな機能があるなんてよくわかっていなくて。

ブログと言えば、どうでもいい日記と、重要な情報が混ざって情報を消費してしまうものだと思っていました。
でも、きちんと使い方が解っていれば違うと、最近知った訳で。
日記とかと混ざるのはあまり嬉しくないので、とりあえず痴虫ノートをブログにして整理して行く事にします。

大変だけど、がんばろー。


1/26(水)

またもや危ない。
日々の制作は順調と言うか、良いスタートダッシュを切る事が出来ているんですが、寝る前にホームページを触ろうとすると、大抵無理ですね。
だって、眠くなるまで作業してるんだもの。

と言う訳で、今日は作業の前に時間を割いて更新です。

まずはお知らせ。

●上にも書きましたが今年は、大阪、名古屋、横浜とフィッシングショーに遊びに行くので、会場でお会いした方は話かけてくださいませ。
持って行くの忘れなければ、もれなくチムティッシュをあげます。

●先日書いたオリカラ。
今週中には何とかなるかと言う所です。
1つは大阪のロットンさん
もう一つは神田の山口屋釣漁具さん
どちらもQpですが、ちょいいじりのハイアピール仕様です。
完成図、近々ここでご紹介いたします。

●それから、同時進行中の小さい海馬75は頑張って来月の中頃と言う感じでしょうか。これも見えて来たら写真等アップいたします。

        **************************

で、先週は新年会もあり、丸1日出かけるバス釣りはお休み。
今年まだ開幕していなかったシーバス釣りに数日間行っていました。

夜に友達とホームの東京湾の河口ウェーディング。
雪が降った日の夜だったせいか、めちゃくちゃ足の先が痛かった。
人が誰もいなくて、貸し切りで喜びましたが、魚も居ませんでした。

後日一人でまた別のホームに出かけましたが、またしても…。
この時期はそろそろ産卵から帰って来ている奴らがいるのですが、数が少ないのか外す事もある訳で。

まあ、夜のウェーディングはバスと違って半日の釣り。
ネットで情報とか見たりして、情報頼りと言うよりはちょこちょこ通いながら、そこの状態をチェックして行くのです。
なので、1発目は当たり外れが出ても想定内。
でも、これで次回やる事は決まったので、次の潮にはウェーディングでの初シーをゲットしたいです。

        **************************

で、別日スロテの林さんと磯の訓練。
本当に磯の釣りは、僕にとっては釣りと言うよりはまだまだ訓練なのです。
キャスト、ライン取り(メンディングとか)、ラインシステム、磯わたり。
色々緊張しながらの3年目。

横でコツコツ釣られて行く中、自分の腕の無さを噛み締めながらキャストをつづけます。
場所によっては、キャストして最後、足元の磯にルアーが絡む事が多いのですが、この時も最初はそう思っていました。
磯際にルアーが来て、ちょいちょいとトゥイッチをかけていたのです、ぬーん、と重くなったので、また磯(海苔)に絡んだと思ってちょっと聞いてみたら、磯が動く。
「!!!!!!!!!!!!!」
そう思った時には体がちゃんとあわせていました。

去年よりは少しましなファイトで上がって来たのがこれ。

<全長87.5センチ、5キロちょいの磯マル マルスズキでは自己新記録!!>


連れて行ってもらっているので、よくわからないけどバックはもやもやにしておきました。

僕はまだまだ修行中なので、本命のヒラスズキでなくても十分に嬉しい。
ちなみに、修行中と言うのは本当に大げさな話でなくて、先ほど書いたキャストやら何やらの所作から、魚をかけてキャチするまで、色々身につける事がたくさんあるのです。
この日も、磯に入ってすぐにすってんころりん、左目を岩にぶつけて、今は片目が忌野清志郎です。

1月の激寒の中、ウェットスーツだけを着て、10メートルの風の中(風速10メートルは普通らしい)、波を受けながら自然と遊ぶ。

時々、自分でもなんなんだろうと思うのですが、厳しい釣りをすると自分の釣り人としての底が見えて「もっと上手くなりたい」と思うのです。
「上手くなる」=「普通に釣りが出来る様になる事」
磯においてはその事を、よりはっきりと感じる事が出来る。

これはバス釣りに置いても、他の釣りにおいても同じ
まだまだ、本当に必要な「普通の事」が出来ていない気がするんです。

ルアー作りに置いてもそうかもしれない。

釣りも、制作も色々学ぶ事で、凄い人達の「凄さ」が最近やっと少しずつ解る様になって来ている気がします。
僕も自分なりに、一つ一つ出来る様になりたい。
あくまで自分なりにですが。

そんな事をびゅーびゅー風吹く磯の上で、遠くに見える富士山を見ながら、考えたりしていたのでした。

<房総半島から望む富士山>


おしまい。


そだそだ、この前ゾンビさんのデジオに出てきました。
毎年、年末の恒例行事として築地の後に録っていたのですが、今回は僕がグロッキーだったので年明けと言う事で。
本人は紹介しないでいい、と言っていたのですが、モッタイナイので紹介しておきます。

「デジオ ゾンビ」
割とイイ話し その1〜その3


です。


1/16(日)

危ない。
ちょっと油断すると、HPの更新があいてしまう。
九州の中二の女子のお友達と何時間も長電話している時間はあるんだから、HPの更新も頑張らないと。

さて、この10日間のあいだにちょこちょこ起きた事何ぞを。

作業は順調に進行中。
色々同時進行で、一つは、去年に終わらせたかったお店のオリカラ。
アワビ張りのとか、焼き物風のとか。
もう一つは年始1発目におめでたそうなルアーを出そうと言う事で、海馬の75ミリを製作中。

色は2色。
一つが痴虫初の干支カラー「エクスキャリバーうさぎさん」
もう1色は正月がらみで「ミカンリンゴ飴」ミカンなんだけど、りんご飴(キャラメルアップル)風の仕上げです。
何のこっちゃと言う感じですが、ホートンスペシャルと言う、クランクにある色でとても好きな色なんですがそれを、ミカンっぽく仕上げてしまおうと。
まあ、九州の中二女子の影響です。

で、釣りの方は初釣りで初バスゲット。
今度こそはトップウォーターで釣りましたが、他社の製品です…。
そりゃ本当は自分のとこので釣りたいんだけど、まだまだすべてをカバー出来るほど作っていない訳で、抜けている穴は他社のを使って埋めると。
まあ、そうすることで足りない物を感じ、自分なりにその穴を埋められる商品を、パクリではない何かを見つけようと思っております。
(ちなみに、水温は5℃後半から7.5℃位でした。写真は悔しいのであげない!!)

初バスを釣った翌日は、例のお誘いでカンツリへ。

<猫コンパニオン付きの釣り風景>


めちゃかわいいでしょ。
釣れない間、そばに居てくれて釣れ始めると居なくなると言う、本当に良く出来たコンパニオン猫さんで。

この管釣りは鱒とバスどちらもあるので、初バスが釣れて安心している僕はここでもバスを釣ってしまう訳で。

<マネーベイトのパドルテールのジグヘッドリグでイェイ>


先に、初バスを釣って居たので、管釣りでもバスを釣る気になりました。
これが、初バスまだだったら、やらなかっただろうなあ。
実験と言う事で、色々試してみて六度九分のグーで1匹。
ワームで3匹釣りました。

狭い池に魚がいるのは確実なので、自分が自信の無い釣りなどを試して覚えるには良いかもしれませんね。


初バスが釣れた翌週もまたダムに行きましたが、今度はだめでした。
友人がカエルで1バイトのみ。
水温は5℃から6.5℃位で、同じ場所では先週より1℃以上下がっていました。
最低水温が似たような物なのは、水温が低かった場所は、今回パスしたから。
そこに行っていたら、多分4℃台になっていたと思います。
でも、あーでもない、こーでも無いと魚探しをして出たバイトだったので、とても貴重な経験になりました。
次の釣りに繋がるというか、次の釣りでお題が出来たと言う感じです。

近況はそんな所です。

デジオの方も近いうち録らないといけませんね。
新しい手帳のやる事リストに入れておきます。

そうそう、これを更新するパソコンの上に台があって、ルアーが沢山掛かっているのですが、偶然にも凄く嬉しいならびになっていたので写真を撮ったのです。
最後にそれをあげて本日は終了。

<最近手に入れたコレクションのルアーと僕のルアー>


まだまだ、ここまでのオーラは出せませんが、僕の進む道はこの方向にあるんだと思っています。


1/6(木)

早くも正月気分から完全に抜けきり、忙しい日々を過ごしております。

明日は知り合いの、管理釣り場取材の付き人。
付き人と言っても、僕は遊んでいるだけ。
無料で管理釣り場で釣りが出来るので、付いて行って楽しんでいます。
前回行って思ったのは、管理釣り場と言えど魚を釣るのも、魚を見るのも勉強にななると言う事。
そんなもんで、ちょっと楽しみであります。


それから、年末に書きましたあの魚の話。
西根さんにレポートを送っていたのですが、なんと
西根さんの裏日記ブログ(1月6日の回)に載せて頂きました。
(パチパチパチ)
簡潔にですが、その日の事が書いてあるので、見てみてくださいませ。

レポートにもある通り、この日結局トップでは出せずじまい。
ちなみにフォローを入れてみて(フォローと言っても、バイトがあってのフォローではなく、くさい場所だから色々投げたと言う意味です。)反応があったのは、2バイトとも流れ込み(片方は滝)。
前日にまとまった雨が降ったせいで、流れ込みの水の量が多く、更に水位も高かったのが、魚が付いた原因かも知れません。

なんにせよ、デカビーの魚が無ければそう言った事も解らなかったので、本当に釣れてよかったです。
次回は同じような条件の時に、もう少しトップで丁寧に誘う様にしようと思いました。


次回発売のBasserにも書きましたが、今年の釣りはそう言った、トップ以外にも少し混ぜて、場所と魚の勉強を強化しようと思っています。
大会で言う、プラクティスに近い釣りと言ったとこでしょうか。

「もっと釣りが上手くなりたい!!、もっと魚を知りたい!!」
そう切に願う様になって、たどり着いた一つの勉強方法です。

最近は特に一人の釣りが多いので、大会以外はなかなか答え合わせを他人とする事が出来ません。
湖面ですれ違った人との情報交換がとてもありがたく感じる位です。
自分自身が何人かの仕事(釣り方)をする事で今まで以上にフィールドの事を学べればな、と思っています。
いつかは、こんな事をしなくてもトップだけでバリッと魚を捕れる様、色々頑張ってみます。


1/4(火)

あけましておめでとうございます。

本日より、仕事始め。

年末、年始とその年を振り返り、今年の目標を考える中で、毎年少しずつですが、ブランドとして、僕個人としてまともになって来ている気がします。
ブランド立ち上げ当初は、釣りやルアー自体の事で解らない事も多かった。
さらには私生活の方も人生最悪の時は乗り越えたものの、まだまだやさぐれており、心の中にも沢山の澱みと、歪んだ部分がありました。
今も性格的な歪みは直りませんが、沢山の人に触れる事で、ずいぶん澱んだ部分は減った気がします。
なんせ、今年の色々な目標がとってもまともなんだもの。

ここ数年、年々そういった事を感じていますが、物を作ると言う仕事は、コツコツ少しずつ積み立てて行くしか無いのですよね。
そんなわけで、今年1年無駄のないようにしっかりと精進して行きたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

●2010年分
 
★トップページに戻る★