<今までの本日の一言>  
     
 

12/31(月)

皆様、ご無沙汰しております。
Basser Allstar Classic後少し骨抜きになり、さらに作業と忘年会と原稿の日々で気づけばホームページを思い切り放置してました。


今年の釣り納めは昨日のスイメン忘年会2012
いい感じの雨だったけどノーバイトで終了。
まあ、今期も冬はオフシーズンで、ちょいちょいの釣りで釣れるほど甘く無かったです。
でも、冬の釣りの課題と、こうやって連続で釣りに行けない時の課題が見えたのでそれで良しとします。

今年ラストフィッシュは11月26日の亀山湖でのこの魚

<雨の中、小さい海馬75パンプスカラーのキビキビ首振り&ポーズで>

<なにげに亀山で今まで一番大きかった46.5センチ1400g>
良い魚でした。


さてさて、そんな釣りの話もここまでにしまして、今年の総括を。

今年は去年の怪我を引きずった形からのスタートでした
そこから、ルアー制作に加え、DVD撮影
今年も続けさせて頂いたBasserの『チム史』
春より始まったスポニチ釣りMAXの『ええじゃないか!!』
とコラム原稿の方でも新しい仕事が増え、それ以外にもロッド&リールにも頻繁に取り上げて頂きました。
そういった意味でも、色々な事に挑戦した年でした。

挑戦と言えば大会。
牛久沼たまやの大会と鋼派以外に、本格始動となったH-1GPXもあり、DVDの撮影と会わせて、シーズン中は釣りばかりしてました。
そのせいでルアー制作が遅れてしまった事は反省です。

来年は、釣りにのめり込んだおかげで見えて来た事をルアー制作の方に戻して行く事が1つの目標です。

ルアー制作、ホームページ、それに色々な雑誌やサイトのコラム、時折飛び込んでくる謎の仕事(笑)、それ等を本当にしっかりとやって行けるよう、気を引き締めて来年に挑もうと思います。

色々、揺れる世の中で大変な事もありますが、皆様の活力剤になれるよう頑張りますので、来年も宜しくお願い致します。


<鈴木美津男さん忘年会にて>

それから、年末に江戸物の石名さんのリクエストでデジオを録りました
そちらでも今年1年を振り返っていますので、お時間がある時によろしくどうぞ。

ではでは、今年はこんな所で
皆様よいお年を。


痴虫 松本光弘


10/26(土)

ラストです。

<ボルチオリジナル>
フルメタルファングパーチとトマトファングパーチ

<ボルチ80>
フルメタルファングパーチとイエローファングパーチ

<海馬Free110>
フルメタルファングパーチとトマトファングパーチ

<カイバード>
すずめと九官鳥と、ビニールアヒル3色

です。

詳しい説明は出来ないけど、是非遊びに来て下さい。

バサーオールスタークラッシックHP


10/25(金)

少し時間がかかりましたが第2ラウンド出来ました。

<次は今年大活躍した沼海馬>
カラー名はファングパーチ
パーチの模様を牙の模様にしたカラーです。
という事で、牙の間からベロがぺろり。

<お腹の感じ>
上のピンクのは、お腹はオレンジで、モスボール(こゆい緑のたまたまが付いています)

<背中のイメージ>

てな感じです。
主に牛久沼でテストをして、アシガマなどの攻略に特化させた海馬です。
もう機能的にはオリジナルの海馬ではなく、完全に別物です。
ボディーサイズは80ミリの寸図まり体系。

詳しくはブースで。

作業に戻ります。


10/25(金)

またまたご無沙汰しておりました。
バサーオールスタークラッシックなんとか間に合いそうな気がして来ました。

今回のテーマは“ファイト”
●大会で戦ったルアー
●来年戦いに使いたいルアー
●自分との戦いで挑んだルアー

色々な意味で「戦う」という事をテーマにルアーを選んで作りました。

仕上がっているのから写真をアップして行きます。

第一ラウンド
己との戦いでした。

<ヤイカ 2012>
正直、もう作る事は無いと思っていましたが、色々な思いがあり久々にヤイカに挑みました。
色はピンクベースのアユ。


<トレーに並ぶヤイカ達>
自分でも久々で興奮しております。

ひとまずは、これにて作業に戻ります。


10/15(月)

またまたご無沙汰しておりました。
この時期に色々滞るのはもちろん、あれです。
そう、バサーオールスタークラッシック!!!
今年も塊メンバーのピエロとして、マスコットキャラクターの役割を果たしに参加いたします。

で、その準備の模様というか、なにやっているかはこちらでも直前でまたご報告させていただきますが
今週の水曜日(10/17up)にアップされるスポニチコラム“痴虫松本のええじゃないか!!”でも書きましたので、そちらもご覧下さい。
スポーツフィッシングジャパンコラム


それから、前回のJFLCCの帰りに車の中で開発クランクの開発さんをメインゲストにデジオを録りましたので、こちらもまだの方はどうぞ!!

<名古屋JFLCCin三河湖の痴虫ブースの模様>

<デジオに出ていただいたビッグアスこと開発クランク開発学(本名)さん>


で、本日のメインのお知らせはこれからです。

お店の方で既にお知らせをお送りして、予約などが開始されているのでご存知かもしれませんが、久々に痴虫のDVDが出ます。


釣行編で2つのフィールドと、鋼派編(という大会の模様)の2本立てです。

タックルも最新だし、エレキもフットコンだし、痴虫は何をしてるんだ?
と思われているかもしれませんが、これを見ていただければどんな感じかが解ると思います。

もちろん、タックルの違いや、装備の違いで釣り方も一般的に言われるトップウォータースタイルという物とは違って来ています。

しかし、これは僕自身がより攻撃的に釣りをする中で自然に変化して行った事で「もっと魚を釣りたい、もっと魚を知りたい」と思ってやって行った結果です。
無論、お客さんにこうした方が良い、という訳ではありません。

1つの新しいトップウォーターの釣りを、身を持って実験する事で、お客さんが今あるスタイルの中で変化を求めた時、もっと釣りたいと思った時などに、何か参考になれば良いなぁ、と思っています。


大会の釣りも然りで「みんな大会に出ようよ!!」なんて熱く語るつもりは無く、これもどちらかと言うと人体実験に近い物です。

近頃は、自分が釣りをしている関東の釣り場では、以前より簡単に魚が釣れなくなって来ている気がします。
土曜、日曜しか釣りに行けない人は、人がいない所で釣りをするなんてなかなか出来ません。ましてや、雨が降ったからといって釣りに行くなんて出来る訳も無く。

僕の様な、身勝手に釣りの日程を決められる人間は恵まれていますし、休日の釣りというのを忘れがちです。
大会に出て釣りをするという事は、そういう、時間や日程が選べないという点に置いて、似ている部分があると思います。

そういった人に対しても、色々工夫をしたり、他の釣り人が沢山いる中でもトップの釣りが成り立つんだ、という事を信じてもらえたら、僕の(趣味の)大会生活もお役に立つのではないかと思う訳です。


<撮影で出て来たルアー達(一部)>

お客さんが出来ない分の時間やお金を使って、トップウォーターの新しい可能性を探す。それが最近の僕の釣りです。
そのまだまだ変化の途中、色々あがいて、今感じたり気づいた事を出来るだけ沢山詰め込んだのが今回のDVDです。

DVD販売後は痴虫ノートの方でも、DVDで説明しきれなかった、その日のフィールドの見立てや、ルアーのローテーションなどを追加で説明したいと思っています。

そんなアフターケアもありますし、めちゃくちゃ頑張って作ったDVDですので、是非買って手元においていただけると嬉しいです。


それから、最近はお店もなかなか余裕が無く、沢山の在庫を持つ事は大変だと思います。もし、DVDに興味がある方はお店の方に「買いたいとか、興味がある」という事を言ってもらえるとお店も助かると思いますので、是非宜しくお願いいたします。

最後に、新しいDVD“ビデオ虫の声”の予告動画がユーチューブに上がっているのですが、少し面白い見方があるのでそれを書いて終わりにします。

ビデオ虫の声の予告編

スクールウォーズの主題歌

この2つの動画ページをあらかじめ準備し、スクールウォーズの主題歌を再生して、すぐに、虫の声の予告編の声をミュート(無音)にしてスタート。

要するにスクールウォーズのテーマを聴きながらビデオ虫の声の予告編を見るんですが、僕の大会への思いが、スクールウォーズの歌とセリフと重なって、凄く燃えてくるんです。

まあ、だから何だと言われればそれまでの戯れ言なんですが、音声が変わるとイメージも変わる物で、お暇な方は是非試してみて下さい。
アホらしくていいですよ。

それから、それから、今回もDVDに副音声を入れました。
これで、1つのDVDも2度おいしい仕様になっています。

とにかく出来る限りの事を頑張りましたので、本当に色々な人に見ていただきたいと思っています。
本当に宜しくお願いいたします。

本日は以上です。


9/29(土)

皆様今晩は。
作業に追われまくってご無沙汰しておりました。

色々ご報告等あるのですが、とりあえず明日になってしまいました
名古屋JFLCCのお知らせを。

明日9/30(日)
三河湖の湖畔の会場にて、名古屋JFLCCのイベントがあります。
今回も、塊のメンバーと参加いたします。
台風で家にじっとされている方は是非遊びに来てくださいませ。

詳しくはJFLCCホームページにて。

準備したルアーはこんなのになります。

<ベーシックな海馬系>
ジーニアス、小さい海馬95、55です。

<それと、今回はこんな鳥をご用意いたしました。>
うぐいす色のメジロちゃん。
手が痛くて仕方ないカイバードです。
この前のイベントでも好評で、無くなってしまったので、少しですが作りました。

その他、ビームスのイベントに出していた“オシャベル”なんかも持って行きますよ。普段見れない物も色々ありますので、是非遊びに来て下さい。

ではでは、簡単ですがお知らせ終了。


8/27(月)

皆様こんにちは。
珍しい連投であります。

早速宣言通り、カイバードの画像アップ。

<ちょっと荒い感じを残しつつ、とにかくナイフで削る>
ほとんどペーパーは使わないで、ひたすらナイフで仕上げて行きます。
あ、途中の大きな面取りはのこぎりも使ってます。
とにかく、これに関しては細かい面の集合で仕上げると言うか、普段のつるつるピカピカとは違う仕上げイメージがあり、塗装の仕上げ方も若干違います。
なんというか、より手触り感があると言うか。

<足元は木屑だらけ>

<切り出しは京都の菊一文字>
西根さんに教えていただいた代物です。
僕のは西根さんより1つランク下の物で、当ててある金属が銅で出来ています。
それでもうん万円!!
去年の暮れに打越さんとデートしつつ買いに行きました。
今回、この切り出しに本当に助けられました。
やっぱり切れる刃物は最高です。

<ぴよぴよ、可愛いビニールアヒルカラー、しかし実は…>

<バス食わせろー!!ってな人(バス)喰いアヒルなのでした>
あの、今回のフィジカルテンポはテーマがホラーなもんで、まあ、こういう仕掛けがある訳です。

<コイツは耳無しポーいちという名前の鳩>
耳以外の体に謎の呪文が書かれています。
ブラックライトを照らして呪文を読んでみて下さいませ。

<矢ガモ100点満点>
背中に標的マークと、矢が刺さった絵が書かれております。
愛鳥家の皆様、大変申し訳ありません。

<ラリカワセミ>
なんか、写真を撮るのに置いた所に塗料後があって、下痢便しているみたいになってしまいましたね(笑)
今回のシリーズはみんな妖怪?の鳥なので基本充血した目を付けています(ビニールアヒル以外)。
で、コイツは反対の目にバグアイが埋め込まれており、ちょっとあの世に行った感じの仕様になっております。

<巣立つ直前のカイバード達>
どことなく寂しげ?

<後ろから見るとこんな感じ>
なんか、かわいい。

長さ:くちばしから尾っぽの先までで130ミリ
重さ:40g位
お値段:10,500円(税込み)
一つ一つ手彫りなんで少々高くなって申し訳ありません。

基本設計は海馬オリジナルがベースになっています。
ちょっと重いけど、そんなめちゃくちゃ攻撃的なルアーではないので、よっこいしょと投げて、ぴよぴよ泳がせて隙を見せてバスに喰われると。

いやしかし、自分で作って本当に嬉しいと言うか、楽しかった。
設計では苦しんだ部分も多々ありますが、その壁を越えて、今はかなり3Dのルアーへの欲が(もう少しまじめなタイプのルアーですが)もりもり湧いて来てます。

そうそう、その辺りの事と、以前感想メールを頂いていたのをゾンビさんとデジオ録りしましたので是非聴いてみて下さい。
(この後圧縮→アップしますので、もしかしたらまだアップ出来ていないかもしれませんが、今日中には更新します。)

というわけで、今回はカイバードの少し詳しい情報でした。


8/26(日)

皆様こんばんは。
前回から少し空いてしまいましたが、OPA!ユーストリーム見ていただけましたでしょうか?
少々(かなり?)見苦しい点があった事、ここでお詫びしておきます。
でも、それ以外は面白かったでしょ?
蛍光色がUVライトで反応する感じ、何となく解りましたかね?
それと、最近のルアーのアクション。
ユーチューブなどにアップとか出来ない僕としては、こうしてルアーの動きを見ていただく機会を作っていただけてかなり助かりました。
それから、モンプレスカラーの小さい海馬55のご購入もありがとうございました。
また、呼んでいただければ色々準備して参上しますので、その際は宜しくお願いいたします。


話は変わりまして、先日8/23(木)より
渋谷パルコの地下1階にあります、ロゴスギャラリーにて
フィジカルテンポ オブザデッド
という展示が始まりまして、そこに痴虫も置かせていただいております。

と言いましても、それって一体なんなの?ですよね。
まずはオープニングの時に撮って来た写真を見ていただきましょう。

<渋谷パルコの横の階段を下って行くとそこは…>

<至る所にホラーをモチーフとした作品(商品)の数々>

<立派な祭壇もあり>

<目が光るどくろ達が礼儀正しくお出迎え>

<そんな中に痴虫ルアーがちょこんと並んでおります>
なんか見た事無いルアーだよね?
そうです、これはずっとあたためていた、新型ルアー。

<完全手彫りの鳥型海馬その名も「カイバード」>

<「ハトはいかが?」不思議な店員さんが優しく接客してくれます>

<他にも、カルチャートでルアークッキーを作ってくれたおかしい屋さんもホラークッキーとか売っております>

<気になったのはこれ、付けると耳から血が垂れている風になるイアリング、ふわふわしていて可愛いです>

という感じの会場です。

パルコと言えば、まだ大阪に居る頃にアーバナート展というのに憧れてその名を知り、関東に来てからは、ギャラリーの横のパルコブックセンターによく来ていました。
そんな思い入れのある所にルアーが並んでいるのかと思うと、少し不思議な気持ちになりますね。

まあ、そうは言ってもそんなに堅苦しい所ではないので、仕事のあいまでも、週末でも、時間のある時にふらりと出かけてみて下さい。

会期は2012/08/23 (木) −2012/09/04 (火)
10:00〜21:00(最終日は17:00まで)です。


カイバードの準備とお盆の影響で少し釣りに行く回数は減っていたのですが、この前行った日はなかなか良い日で、トップで4匹キャッチ。
落っことしたり、ばらしたのも入れるともう少し反応があった訳で、夏の釣りというのはいかに水が動いていたり、水温が大事かというのを思い知りました。

<夏の定番、ダブルスイッシャー(ボルチ80)>
他、クイックポム(宇宙タナゴ)、ボルチオリジナル、小さい海馬95でも釣りました。

と、今日はこんな所で。

デジオも更新しておりますし、明日にはカイバードのもう少し詳しい画像等アップする予定ですので、宜しくお願いいたします。

ではでは。


8/5(日)

皆様こんばんは。

色々、日々の事を書きたい所なのですが、このあともう少しでお出かけせねばならず、今回はお知らせのみで失礼いたします。


日付変わりまして本日
8/5(日)20:30〜
OPA!さんのユーストリームにわたくし痴虫松本が出演いたします。

●OPA!ホームページ
最近制作進行中のルアーの話や、大会の話、今回用に制作したルアーの話&販売等
色々盛りだくさんを1時間に詰め込んでぶちまけますので、是非是非生でご覧頂ければと思っております。

ツイッターでの参加&質問、無茶ぶりにも順次対応いたします。

目標リアルタイム100人越えで意気込んでますので、どうかどうか生鑑賞宜しくお願いいたします。


<2012鋼派の時の話も多分あるでしょう。>

<小さい海馬55のモンプレスカラー>

<上から見たらこんな感じ>
今回用に制作した、小さい海馬55のモンプレス。
要はプレモンスカラーの逆さまなんですが、トップでプレモンスの効果を出そうとした結果がこのような形になった訳で。
僕にとっての黒色ルアー
の新しい表現となりました。
白っぽいルアーに真っ黒の虫が寄生していて、その虫がバスに襲われる!!
そんなイメージのカラーです。
何のこっちゃ解らないかもしれませんが、詳しくはユーストで!!


それから、「デジオ虫の声2」では久々の1人しゃべり。
主にう●この話をしております。
釣りの役には立ちませんが、こちらもどうぞ。



7/23(月)

皆様こんばんは。
今週はどうやら暑い週のようですね。
昨日までの3日間はちょっと肌寒い位で体が楽だったけど、釣りの事考えるとどうなんだろう。

といいますのも、今週末はH-1GPXの第4戦相模湖があるので、明日下見に行くのです。
前回7/1に行った時は雨続きの中、濁りがとれておらず、その日も冷たい雨で苦戦しました。
明日は少しは何かつかめれば良いなともうのですが。


そんな事は置いておいて、ここ最近の動向です。

2週間ほど前、TOKYO CULTUART by BEAMSさんのオープニングにお出かけ。

<佐藤秀明 写真展「カイマナヒラ」だったのですが、今調べたらもう終了していました。(涙)(大変申し訳ありません、この時点ではまだ展示中でした。)>
展示は終了しても、写真集が販売されていますので、足を運ばれた際は見て見て下さい。
70年代初頭から80年代の凄く良かった時代のハワイの写真で、終わりの挨拶でその事を語られている姿がとても印象的でした。

<とまじめな話をしつつ、オープニングとなると僕はもっぱらこれな訳で>

<同じく、こいつらが大好きな店員さんが一瞬、本性を出したり>
とても楽しい夜でした。

ちなみに、次回の展示は

横山 宏展「S.F.3.D to Ma.K. 1982→2012」
会期 : 2012.7/28(土) - 8/8(水)
場所 : TOKYO CULTUART by BEAMS
オープニングレセプション : 2012.8/4(土) 18:00 〜20:00
詳しくはこちらへ

たまたま別の日に、カルチャートさんへ出かけた際に、この方の原画を見る事が出来まして、そりゃもうすげーなー、としか言いようの無いものでした。
僕も期間中に見に行く予定です。(たぶんレセプションの日)

そうそう、宣伝宣伝

<このオサレな展示の中に〜>

<痴虫ルアーがポン!!>
海馬オリジナル115と小さい海馬75です。
オリジナルは次の生産まで空いてしまうかもしれないので、ご入用な方はこの機会にお勧めいたします。
小さい海馬75は、鋼派で準優勝した時に51センチを釣ったルアー(小さい海馬55、そちらはもう売れてしまってないけど)と同じ色です。
こちらも、抜群の自信カラーなのでお勧めです。
(黒色のルアーの話は、後ほどお知らせする痴虫ノートにも記載されております。)


そりからそりから

<年に1度の鈴木美津男さんとの利根川釣行>

<沼海馬でガリガリの45センチ>
前日凄い雨が降ったそうで、スロープが水に浸かってました。

実は、美津男さんとの利根川は今年で3年目(去年はBasserの取材)
なんですが、1年目は今年と同じように、前日台風並みの雨からの大増水、にごにご。
2年目(Basserの取材の時)は爆風で釣り出来る場所が数カ所…。
そして今年、またもや1年目同様の、激にごり、激流れ。

「今年もかよ、痴虫お前はなんなんだ!!」
と言われつつ、なんとか流れや濁りを回避出来る場所を選んでいただき、釣りが出来ました。
バイトも割とありまして、写真の魚をGET!!

美津男さんは、どんな時でも場所さえちゃんと選べれば、釣りになるんだという事を毎回教えてくれます。
なので、どんな環境下でも勉強する事が多いです。
(ただ、二人して本当は普通の環境下で釣りしたいと願っているんですけどね。)

そして、美津男さんとの釣りは何処か試験の様な気持ちが僕にはあって、色々な意味で1日必死に釣りをする訳です。
この釣行によって自分自身もキチンと1年間頑張れたかが解ります。
去年と比べて今年も色々新しい発見と、解る事があったという意味では、少しは成長出来ていたのではないかと思います。
なので来年乗せていただいた時には、今以上に上手くなっているようがんばりたいと思います。


近況方向はこんな感じです。
だいぶリアルタイムに近づいて来ましたね。
お仕事はと言うと、あおきくんとその他の色々なルアーの制作をすすめております。
工房が暑いので大変。

それと、塚本さんにお題を振られ、やる気満々で復活&進行し始めた痴虫ノート
早速、紫外線反応するカラーの話をしたい所ですが、カブメスの色説明が1色終わっていなかったので、今日はそちらを先に仕上げました。

メダリオンヘラクレスの色の説明でありながら、黒色のカラーの説明でもあります。
是非是非ご覧になって下さいませ。


本日は以上です。

次回、いよいよ、UVライトを照らしまくった痴虫ルアーの写真アップします。
お楽しみに。


7/14(土)

皆様こんばんは。
今週は暑い日が多かったですね。
7月に入ってなおじめじめとした、しかもちょっと寒い日々の後
つじつまを合わせるかのごとく、わざとらしい位の夏日。
まあ、これでバス達も少し活性が上がるのではないかと思っております。

で、ご無沙汰している間の報告ですが、前回の続きからたらたらと。


えー、なんでしたっけ…。

そう、5月の事を書いていて、しかもそこをすっ飛ばして鋼派の結果を書いたのでした。

5月はそれ以外に、ノビーさんやひさし君とか、まあ割と以前から顔を合わせているトップウォーターの面子と飲み会何ぞが有り、あまり飲んだ事の無いしんぐるもるとなんかを飲んで…。

ま、そんなんだったな。


その後、例の鋼派に挑むための練習(下見)が始まり、新利根に行く事数回。
で、前回報告しました鋼派準優勝となりました。

その辺りの事はスポニチコラムの6/27更新分「揃った時は勝つ時だ!」と思っていた…「鋼派2012」に参戦!
に書いてあります。


で、前回更新した翌日、毎月出ている牛久沼たまやサンデーオープンでまたもお魚を釣る事が出来、今度は
49センチ1830gでまたまた準優勝!!
とあいなりました。


<何かが見えて来た?最近絶好調の私です。>
ルアーはまたまた沼海馬。
牛久に苦しみ、牛久で生み出したこのルアー。
今月の大会でもメインの仕様になる事は間違い無い。


<3位の方が帰ってしまったので、少し寂しい表彰>


<これが朝ならまさにモーニングドーンってな感じの夕焼け>
夕方の光は赤い、を象徴するかの様な夕日の色だったので
資料として、そして証拠写真としてパチリ。


<大会が終わって、反省会と称して夜の8時過ぎまでしゃべるたまやの常連達>


<まいどまいどよくそんなにしゃべる事が有るなあ(笑)>
なんていいつつ、僕も初めて大会に参加してから、ほぼ毎回最後まで居る訳で。
でも、ここでの会話もきっと僕が魚を釣れるようになって来た1つの要素である事は確かなのであります。

嬉し恥ずかし、たまやの大会に参加して初のお立ち台の公式発表はこちら
注目すべきは年間ランキング。
現在年間ランキング3位!!!!!!!!!!!!!!!!!
鼻血が出そう!!
次回も、臆する事無くチャレンジャーの気持ちでがんばって参ります。


あとは、最近フェイスブックなる物を始めまして、気になる方は僕の本名を調べていただくと発見出来ると思います。

それから、KTWの塚本さんのブログ7月5日更新分にて、ちょっとうちのルアーの秘密めいた事のたねあかしがされており、さらに塚本さんからももっと詳しく書くようにとの振りがありましたため、次回は久々に眠らせておりました痴虫ノートに手を付ける所存であります。


それからそれから、今月発売号の雑誌にて
ロッド&リールさんで3カ所!!
いつものBasserさんで2カ所(チム史含む)
載せていただいております。
ぜひぜひ、書店か釣り具屋さんでチェック宜しくお願いいたします。


あ、それから×3「デジオ虫の声2」では、怪人迷ぴあにすとさんをゲストに色々話しておりますので、こちらも要チェックでお願いいたします。


今回は以上です。


6/16(土)

皆様こんばんは。
出荷をして、少し落ち着いたと思ったらこの有様です。
「やらねば」と思うだけではHPは更新されない!!
という事を知るとともに、いつもの言い訳といたしまして、スポニチコラム
は確実に更新していますので(ちゃんと管理されております)
HPが進んでなくても、そちらのチェックは怠らないで下さいませ。

で、更新してない間に色々事件めいた事が起きましたが、とりあえずそこまで一気に行くのは不可能なので、時間を追って書いて行きますね。

あ、でも、始めに書いとこうかな。

痴虫松本、2012鋼派にて準優勝いたしました!!!
ついでに51センチの魚でビッグフィッシュ賞もゲット!!


<釣れてうかれてるの図>

<うかれさせてくれた魚51センチ1930g>
もう1匹32センチを釣り、リミットメイク。
合計の長さで、1位のコンビと5ミリ差で2位。
しかも、下見(プラクティス)からカメラをまわしておりまして
こいつらもカメラに納まっていますので、現在撮影中のDVDが完成した際には、皆様にご覧になって頂けることかと思います。


さてさて、話はさかのぼり、
時は5月の中頃、これまた釣り大会。
毎月出ている牛久沼たまやさんのサンデーオープン5月大会。
こちらでも釣ってしまったのであります。

<かなり細長い50センチジャスト、ガリガリ君の1320g>
顔はでかかったんですけどね、産卵で色々使い果たしたのでしょう
かなりやせ気味でした。
H-1GPの牛久後に必要になって作り始めたイライラ系ルアーの1つ
沼海馬にて7位ゲットです。


そして、その翌日は金環日食の日。
とある筋より、利根川で面白い取材が行われると知った僕と金澤さん(Basserでチム史の担当をしていただいている通称金ちゃん)は、金澤さんの船に乗って利根川へ浮かんだのでした。

<プロが撮るとこうなる訳です。photo by 金澤一嘉>

<海馬free110テスト完了モデルにて41センチ利根バス!!photo by 金澤一嘉>

<感無慮〜。photo by 金澤一嘉>
で、釣りに夢中になっていると急に日が陰り始め、太陽がみるみる欠けて行く。
急いでほぼ日スタッフと合流。

<プロの現場であります。(さっきまで釣りしてたけど)>

<プロが撮るとこうなる訳です、パート2。photo by 金澤一嘉>

<そのプロこと金澤さんは薄目で見る!!>
日食メガネが1つしか無く、交互で見ていたためなんだけど。

<日食メガネ装着!!photo by 金澤一嘉>
とかやっていると、ひときわ強そうな人の船が。

<ガーン、せせせ世界のTK!!!!!!!>
と驚いていると、もう一発凄まじい衝撃が。
「あれ、金ちゃんじゃない。」
と、TKの後ろの方が金澤さんに声をかけられ、僕は
「金澤さんさすが有名だな〜」なんて思いながらその方(写真左)
を見ると!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
糸井さん本人登場!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
でした。
もう、びっくりしすぎて、うれションしそうになりました。

実は世界のTKこと高阪選手がいらっしゃる事は事前情報で知っていたのですが
糸井さんがいらっしゃるという事は知らなかった訳で…。
あこがれの人達が同じ船に乗って、しかも同じ魚を釣っている。

大げさでなく、こんな幸せな気持ちそう味わえる物では有りません。
生きててよかった〜。

その後、日食も終わり、釣りを再開。
お昼に船を降りて、再度皆さんとお話をさせて頂きました、感動〜。
思い出しただけでも、泣きそうです。

思いつきで、ほぼ日の企画に飛び込むという、面白企画を企てて下さった金澤さん本当にありがとう!!

つうわけで、まだまだ、追いつかないのですが結構な長さになって来た&僕がそろそろ出発しないとたまやの大会に間に合わないので、今日はここまで。


<お知らせ>
デジオ虫の声、好評に付き細々と続けて来まして、借りていたブログがいっぱいになりました。
古いのを消しながら更新していたのですが、六度九分の行友君にそれは「モッタイナイ」との指摘を受け、新たにブログを作り直しました。
その名も「デジオ虫の声2」
すでに、鋼派後のストリームデザインの鈴木孝典さん&六度九分の行友君と録った回。

<すべらないルアービルダーと眠れるルアービルダー>

その翌日、KTWの塚本さんを空港に送る際に録った回(おまけで僕の1人しゃべりも)を更新しております。

それから、「デジオ虫の声」のラストではレイブン安部滋さんをゲストに話しております。安部さんの回は、イベントが終わってしまいましたが、生き物と向かい合う人間として、とても面白い内容になっておりますので、こちらも聞き逃し無いようお願いいたします。


5/17(木)

今日もこんばんはです。
前半の部の仕事をガーッとやって飯食って休憩してたら昼寝(夜ですけど)
してしまってまして、こんな時間になってました。
これをアップして、後半の部朝までみっちりリグ組です。

では、無駄なくさっさと更新。


<昨日も上げましたが小さい海馬55と海馬オリジナル110>
まずは上から順に写真だけでは解り辛いディティールの紹介を。


<放置鏡餅 アップ>
設定は正月から放置した鏡餅という事で「放置鏡餅」
こんなに放置すると、まずもちがひび割れしますよね
それからみかんが腐ってシワシワになります。
それらを、見え難いけど蛍光ホワイトのクラックで表現しています。

<ボディーの白がブラックライトに反応して光って、クラックが浮き出ているの解りますかね?>
上にカビのドットが入っているのでひび割れがわかり難いかもしれません。
個体差は有りますが、みんなひび割れていてつるっとしていないのは確かです。
それに、赤カビ、青カビ、深緑カビがボーボーに生えていると。
そんな色です。

次!!

<パンプキンコッパードラゴン>
僕が力を入れたのは、昭和か!!と突っ込みたくなる様な
なんとも薄ぼけたような全体の配色。
マスタード色の腹に、くすんだグリーンの背中に、コッパースケール
唯一の光りどころが肩に吹いたコッパーのスケールという渋い!!渋すぎるこの色。
正直、ゲロ吐きそうな位釣れそう。
って、そこは個人的なこだわりで、もう一つは目が3つ?みたいに見えるお腹の球。
これ、辰(ドラゴン)と言えば僕らの世代は日本むかし話のオープニングかドラゴンボール。
つう訳で、ビジュアル的にも内容的にも随分長い間刷り込まれた後者を選択。
みんなの願いが叶うように、★の入った球を握らせています。
物によってはハートが入った球を持っている奴もいまして(恋の願いが叶う?)
まちまちなのでそこは無理いってお店を困らせないでね。
後は、ひげも色々個性的なひげになっています。
ダリ、夏目漱石、おさげひげ、ジャックパーセル、とか色々。
僕、郷ひろみの物まねをする芸人さん「郷ピロミ」が大好きなんですが、その人の眉毛を書いている奴も数匹います。
神様的な存在をここまで遊んで、しかも魚に食わせる。
問題ですよね。

次!!

<BUG EYE(バグアイ)を初搭載したカラー>

<スミをぶしゅー、反対の目には何も入っておらず>
小さい海馬55のブランクがあまりにもタコだったために
正月と関係ないのにどうしてもやりたくて無理矢理ねじ込んだ色です。
特徴は、本当にめんどくさいほど塗り重ねた蛍光ボディ。
販売後、痴虫ノートでも書くと思いますが、このルアーだからありかと思って使ったベースカラーでもあります。
どういう事かと言うと、ボディーが小さめなので、色が強くても全体として強くなりすぎないというバランスの取り方。
で、蛍光色って事は普通のタコじゃないという事で、ケミカルな皮をまとった
タコさんウィンンナーなんて良いんじゃないか。
なんてイメージが繋がって行き、不健康そうなイメージをさらに強めるべく、BUG EYE(バグアイ)を入れてイカレた表情に。

<BUG EYE(バグアイ)のアップ>
この目、実はジーニアスを初めて作ったあたりに完成していたんです。
信じられないくらい前なんですが、たまたま作って凄く気に入って
自分のジーニアスのテストカラーに付けてそのままになってました。
人に見せる度に好評だったので、いつか使おうと思いつつ
自分の中で出番を見失ったり、忘れたりして今に至りました。

BUG EYE(バグアイ)
BUG って虫という意味と、コンピューターがバグる。
とかって言うようにエラーが出た事を意味する言葉です。
狂った表情になる事と、写真のように完成した目を並べるとてんとう虫
みたいだったので、作ってから名前が思い浮かんだ感じ。
それまでは2コ目(1つの目の中に黒目が2コあるので)とかって呼んでたんですが、自分でもBUG EYE(バグアイ)
って響きは気に入りました。
もっと色々な色で見たいので、今後も積極的に使って行ければと思っています。

ちなみに、この前知り合いに「目玉も作ってんの?」って驚かれたのですが、一応目玉も僕が作ってるんですよ。(知ってたかな?)
サイズを今の大きさにするまで色々試行錯誤も有りました。
ほんっとうにめんどくさいですけど、毎回ルアーにあった色を作ったり
こうやって新しい発見や遊びが出来るので、やっぱりやらないと気が済まない。
ちなみに家に遊びに来る若者は、大体目玉作りの途中の行程を手伝わされるという経験をしております、感謝!!


つうわけで、ディティールで随分遊びましたが、ルアーの用途としての色という意味でも結構考えてあります。
ま、そこは痴虫ノートの役割ですので後日という事で。

大まかな見分けとしまして
●モチ 地味派手(なんだか解らないけど、時に目立ったり、時に馴染んだり。虫にも魚にもなり得る色)
●ドラゴン 地味(嫌われにくくおいしそうで、こちらも虫にも魚にもなる色)
●タコ 派手(威嚇的な色)

という感じで振り分けたつもりです。
どれもしっかり魚にはアピールしますので、好きなのを選んでいただければと思います。

迷った時は、これらのルアーを
「自分がよく行くフィールドに浮かべた所をイメージしてみる」
「ボックスに入れた時にの並びをイメージしてみる」
などしてみると良いかもしれません。

という訳で、ルアーのディティールの話はここまで。


長くなって申し訳有りませんが、最後にGWにお手伝いしたハグトンフェスの模様をアップして終わりにします。

<いつもお世話になっているカルチャートの小川さんと永井さん>
永井さん(右)は今回、テキ屋ファッションと言う事で完璧なまでの衣装を準備されて来ており、コスプレを楽しんでいました。
僕のテキ屋感が弱かった事、強く反省しております。
似合いすぎて、そうとしか見えないですが、普段はもちろんおしゃれな方です。(念のため)

<この前のワークショップの時にルアークッキーでお世話になったおかしい屋さんのブース>
今回は、凄いセットまでこさえての出展でした。
知り合ってから毎週末は何処かのイベントに呼ばれているくらいの人気っぷり。
お菓子も可愛いし、本人達2人も若くて可愛いとくれば、そりゃほっときませんわな。
どんどん有名になって行くのは素晴らしいけど、気安くルアークッキーを頼みにくいぜ〜。

<カルチャートさんのブース(ちょこんとこちらを見ている永井さんに注目!!完璧にBEAMSの人に見えない…笑)>
当日ここでTシャツにシルクスクリーンを刷る。
という大胆な企画が人気過ぎて、とんでもなく人が並んでました。
僕も熊手で鍛えた接客技術を生かしてしっかり働きましたよ。

<僕のルアーコーナー>
上の写真の右下、帽子の後ろあたりをご覧下さい。
これが今回の僕の展示(笑)
そりゃリキッドルームで痴虫って言われても解りませんよね。
それでも、呼ばれりゃ行くんですよ、僕は挑戦者ですから。
数名の方にルアーの話を聞いていただいて嬉しゅうございました、感謝です。

イベントも、もりっもりに盛り上がっていました。
有名な方が前を歩かれていたり、沢山の普段見ない様な人達を見て刺激になりました。
今回も本当に色々勉強になる経験が出来ました。
かせきさんとカルチャートさんにも感謝です。

<その時の小さい海馬55と75>
背中がメップス、お腹がパンサーというスピナーカラー。
かせきさいだーさんがスピナー好きだという事で、こういった色にしました。
急な制作で、途中まで準備してあった予備のブランクでやったので極少量ですが
今回の海馬オリジナルと一緒に納品しますので、こちらの方のチェックも宜しくお願いいたします。

という訳で、すげー長くなりましたが本日は以上です。


5/16(水)

こんばんは。
なんとかルアーの制作も山場を超え、今こつこつと仕上げの組み立てをしております。
今回のルアーはこんな感じ。

<右が正規出荷の小さい海馬55、左がカルチャート用の海馬オリジナル110です。>
一番上が鏡餅をイメージソースにした物で、頭がみかんになっております。
真ん中が干支の辰をイメージしたもの。
一番下は、ブランクを見ていてどうしても塗りたくなったタコ。

と、こいつらのちょっと細かい説明をしたい所なのですが
色々書きたい事が溜まっているので、今日はこんな所で
明日細かい所や、どういった意味合いでこの色にしたのか?
について書こうと思っています。


で、溜まっていたネタ第1段は
H-1GPX第2戦 印旛沼

まずはプラクティスの写真をどうぞ。

<左から、最近釣りまくりの幅さん(aka.ぶたっち)、トップボカンのマッキーさんガウラクラフトの青芳さん
青芳さんもH-1のプラをかねてはいますが、GWの印旛沼釣行は恒例行事らしく
ガウラ好き&キャバクラ好きのヤマパン君が静岡に転勤になったため今回来れず、代わりに僕に白羽の矢が立ったようで。

<橋の上の女の子達を超ロングの望遠レンズで覗き見する青○さん>
と言うのは冗談で、この日沢山の釣り人が来ていて、遠くにいる釣り人が
知り合いかどうか判断するのにこのカメラで撮っては、チェックに使っていた訳です。
望遠レンズってびっくりする位遠くの人まで写るんですね、驚きました。

最近、僕は一人の釣りが多いのですが、同船したり複数で釣りをするのも良いですね。
楽しかったです。
釣果の方は、青芳さんが夕方にガウワイザーで45クラスのぶりぶり君を目の前で
フックオフ!!
凄く良い魚でした。
他の面子は何も無し…チーン。


で、H-1GPX本番
またもじゃんじゃか写真アップしますのでどうぞ。

<最近アメリカに行ってUSAかぶれが酷くなった、OPA!の人気店長良忍君>
今回は参加というだけでなく、OPA!が今回のサポートショップだったと言う事で、頑張って働いておりました。

ではでは、結果発表5位から

<5位 僕も船の改造などお世話になっている友達のヤジ君>
ビビるくらいのまめバスをウェイイン。

<4位の細田さん スプーンを使ってフィネスなアプローチで魚チャッチ!!>


<3位のやす君 牛久の大会で戦っている仲間です。クランクでナイスフィッシュ!!>


<2位の青木さん あ、ちょっと良忍君仕事がんばり過ぎ!!>


<という訳で、ちゃんとした写真。>
たしか50アップでした。フナベイトと言うビッグベイトを使ってゲットです!!
ちなみに青木さんも牛久仲間。
もちろん牛久でもよく釣られています。


<栄えある第1位は、○キューの伊藤巧君>
去年に引き続き2連覇です。
嬉しさのあまり泣いております。
食い渋ったバスをクランクベイトをアシやガマにひっかけて
上方向にプンって外してリアクションで食わせたとか。
むかつきますね。

という訳で、H-1GPX印旛戦のダイジェストは以上です。

今回は僕は釣る事は出来ませんでしたが、1戦目2戦目を通じて色々解った事も有り
その事については
スポニチコラム「痴虫松本のええじゃないか!!」
に書いていますので、読んでみてください。

ルアーやその他まだネタが残っていますので、また明日がんばって更新します。
ではでは〜。


5/4(金)

こんにちは。
次回発売の小さい海馬55の塗装も山場をぬけ、現在目玉製作中。
後少しでお店に案内&ホームページで発表出来る所です。


で、その前に本日夕方から
リキッドルームにて行われる“ハグトンフェス DX”
に少しだけルアーを持って、お手伝いしてます。


<スピナーの定番商品2つを合体させた、釣れ釣れカラー“パンプス”の小さい海馬75と55>

参加する事が決まったのがわりと急だったので、ルアーはブランクの関係で
この2種類になりました。
かせきさいだぁさんがスピナーが好きなので、その辺りをモチーフに
ちょっと虫っぽいイメージのスピナーカラーです。

GWの真ん中。
晴れて天気もよく、みなさん釣りに出かけているでしょうけど、
釣りから帰って来て元気が有れば遊びに来て下さいませ。

ではでは、僕はこれから準備して出かけます。


4/27(金)

随分空いてしまって申し訳有りません。
言い訳をさせていただきますと
今までふと「HP アップしないとな〜。」
って思うタイミングで、スポーツフィッシングジャパンさんのコラムの締め切りが来る訳です。

そこで文章を書ききると、やはり自分の中でのアウトプット脳が満足する訳で、やったな〜と、自分仕事したな〜と、そう思う訳です。

んなわけで、HPまで手が伸びずにいました。


しかし、痴虫ノート、日々のつまらない発見等、コラムやチム史では書けない事も有る訳で、なんとか今よりもう一つ時間割を増やして、こちらの方もアップして行こうと思う次第です。

とにかく、新しい流れに対応している所なので、生暖かく見守って下さいませ(ぺこり)


ではでは、久々のHP更新という事で、近況発表等。

まず始めに、久々のデジオ更新です。
塚本さんをゲストに、3回ほど録りました。
ルアーの話、大会の話、色々話したので聴いて下さいませ。


そりからそりから、近況報告と言えばこれですね。
「トップウォーターは本当は釣れるんです!!」
そう思い(勘違いし)、そう言いたくて頑張って来た大会生活。

ついにやりました。
H-1GP 第1戦 牛久沼
4位入賞しました。


その時の事はスポニチやBasserチム史にて色々書きますので、ダイジェストという事でを写真多めにアップします。


<今回は釣れなかった、牛久沼たまやの先輩達>


<こちらも残念でした、前回の年間覇者○キューの伊藤巧君>


<こちらは勝ち組の控え風景。1人タンドラ(牽引トラック)が混じっていますね。>


<たまやの釣った方の先輩アリアコネリさん。この人この時期は絶対に外しません!!>


<第3位 大成さん1820g 良い魚スピナベ(Dゾーン)でした。>


<第2位 藤崎さん1990g これまた凄い魚、バズベイト(ゲーリージャンボバズ)でした。>


<第1位 佐々木さん3440g 片方がビッグフィッシュ賞で2040g どちらもビックバドでした。ちくしょー!!!おめでとうございます。>


<僕のウェイイン風景。前はラッキークラフトのラッピングをした人型タンドラ>


<第4位47センチ1730g、ボルチフィッシュでした。>


<当日のメインルアー。釣れたのは一番下のザリガニ色のボルチ>

見事に春を意識した色ですね。
今回はプラでザリガニを沢山見たので、それっぽい色をコンフィデンスカラーとして使いました。
水が思いのほか奇麗だったのも、ルアーの効果として赤が活躍する要素ですし。
赤系をちゃんと塗っていて良かったなあーと思った瞬間でした。

以上、簡易報告でした。

次戦はGW最終日の印旛沼。
再び奇跡を信じて頑張ります。

度々になりますが、当日の詳しい流れは、来週更新のスポニチ、来月のチム史で書きますので、チェック宜しくお願いします。


それから、お仕事報告。
もうすぐ次回発売の小さい海馬55のカラー発表が出来る所まで来ています。
奇しくも、赤系カラー(ばきばきオレンジ)も有ります。
それにあわせて、痴虫ノートも更新します。
頑張ります。

今回は以上です。


3/25(日)

一昨日、雨の中釣りに出かけて来ました。
そしてなんとか初バスを釣り上げる事ができました。
左キャストマンになって初のお魚です。


<初バスはいつも嬉しいというよりはホッとします>
1人自分撮りは難しい。
バスを入れようと、精一杯魚を引くから小さく見えるし
結局しっぽ切れちゃうし。
なかなか良い魚だったんですけどねえ。

詳しくは、次回のスポーツフィッシングジャパンに書くとして
ルアーはカブメスのメダリオンヘラクレス
サイズは40センチジャストでした。
あ、今度から重さも量ろう。


で、話は戻りまして、ワークショップルアー発表の続きです。
皆さんの力作<後編>をどうぞ。


<YMMさんの蛍光テントウ(目が光るよ)小さい海馬55>
この写真では見えないですが、お腹は太めの黒いラインになっており
蛍光レッドのボディーと、黒い頭&黒いお腹のコントラストが凄く効きそうな
可愛さと実用性をいい感じでミックスさせた良い色です。
僕もこの色は釣り場のイメージが出来ました。
途中もう少しシンプルだったのですが、所々にラメが入ったりして本当にいい感じに仕上がったと思います。
この方には「大物大好き、危険な色で賞」を与えます。


<YMMJr.の力作、超カラフルなんだけどまとまってもいるお魚 小さい海馬55>
上のYMMさんの息子さんの作品。
まだ小さなお子さんで、始めはきっと緊張していたんだと思うのですが
色々相談したりして、途中少し空いて、次見た時はこうなっていました。
ワークショップは2回目ですが、小さい子達は集中してモードに入った時の力が凄いです。
正直、この色のクランクとかあったら欲しいです。
子供は天才、という言葉は本当だと思います。
この子には「おじさんはこういう色が塗りたいんだよ賞」を与えます。


<HOSさんのキラキラ蛍(目が光る) 小さい海馬55>
HOSさんは前回のワークショップも参加して下さいまして、今回で2度目。
前回のおっかなびっくりなのに比べて、今回は随分しっかり筆を走らされていました。
お尻は蛍らしくチャート、頭の朱色がいい感じに重みのある色になり
シンプルですがつまった感じのするいい色になったと思います。
やっぱりモチーフがあって、それに向かってやるといい感じになるのです。
彼には「北の国から2012 成長 賞」を与えます。


<BSTさんの水ザリガニ(勝手に命名)あおきくん>
BSTさんはお子さんと来られて(キャスティング大会で白とブルーのボーダーシャツを着ている親子)共作で塗られていました。
共作と言うか、お子さんがやりまくり、飽きて遊んでいる間にお父さんが進め
気がのるとまた帰って来てやると言う、巨匠システムです。
実はこのブルーの下にはチャートが塗られていたりするんです(笑)
しかし、仕上がってみればやはりとても良い色で面白いルアーになりました。
子供は天才、いやもはや反則です。
この親子には「ブラックライトで見ると、とんでもなく幻想的な色になっていたで賞」を与えます。


<ZKさんのこれからさらに背中に毛を乗せるらしい 小さい海馬95>
顔周りの線やラメ具合、背中のヒョウ模様
色々面白い色なんですが、今見ていてプロレスの覆面マスクのようにも見えて来ました。
でもでも、面白いだけでなくて、蛍光色が凄く良い感じで配分されており、見た目と釣れそう感がどちらもある、良い色だと思います。
これから、愛猫のぬけた毛を背中に取り付けると、ますます覆面マスクに…。
本当の完成も見てみたいです。
この方には「コンセプトは毛、だけでよくここまで塗れたで賞」を与えます。


<KIKさんのヒョウチョコチップ色のあおきくん>
これ、本当は本人が作った足(手?)があったのですが持ち帰っていただいたために、予備で僕が作った足が付いています。
本人の作った足はローズピンクの革でそれが付くとまた随分違った感じになると思います。
ヒョウ柄の単色でシンプルなんですが、足で遊べるあおきくんの特徴をいい感じに使った色になっていると思います。
彼には「あのピンクのびらびらは一体何のイメージなんだろう賞」を与えます。


<OKDさんのブルーブルーピーコック ポム70>
この方がたしか一番時間がかかったと思うのですが、その甲斐あってか
かなりしっかりした色になっています。
釣り人目線でいうと、再度にちょこちょこ点で書かれた蛍光オレンジが
なにげに凄く効いていて、釣り具としても面白い色だと思います。
ちなみにお腹はパールです。
元はピーコックバスですが、水に浮かべると毒ガエルにも見えそう。
この方には「苦労した甲斐があったで賞」を与えます。

以上が、参加者の皆さんが一生懸命絵付けされたルアー達です。
皆さんホームメイド感のたっぷりつまった凄く良い色になったと思います。
後々見ても、きっとお気に入りのルアーになっているんじゃないかな。
今度は是非フィールドでマイペイントルアーの感動を味わって下さい。

楽しい機会と、場所を準備して下さったフィジカルテンポとカルチャートbyBEAMSさんに感謝です。


最後にルアー別で写真を撮ったので、それを上げて終わりにします。

<海馬オリジナル、小さい海馬95、75>


<小さい海馬55>


<あおきくん>
この写真を見ると、まるで同じルアーに見えない。
色や革で本当に表情が一変する、あおきくんはそんな不思議な面白さを持ったクリエイティブ度の高いルアーです。


<ポム70>


<景品の小さい海馬75「カネゴン」と、オシャベルとお揃いのデザートカモリペイントのザラ&ラッキー13です>

いやいや、随分時間がかかってしまいましたが、これでワークショップルアーの紹介は終了。
ルアーも皆さんの手に届き始め、喜びの感想が届いております。
次回、イベントがあった際は、これを見ている方も参加してみて下さいませ。

今回は以上です。


3/16(金)

先々週やっと初釣りにいって参りました。
左手のキャストも、一応それなりに役に立つ事も解り、ますます家の前でのキャスト練習に身が入ります。
釣りの結果はと申しますと…ま、まぁそれは次回のスポーツフィッシングジャパンのコラムに書きましたので、そちらで読んでいただくとして
今日は先日完成した、ワークショップルアーを発表して行こうと思います。

前半にキャスト大会に参加した人は、クッキーをもらった時の写真も有るので、それも一緒に。
後半はキャストを教えていたので写真撮れませんでした、スミマセン

ではでは、皆さんの力作をどうぞ。


<KOSさんの牛久沼をモチーフにした海馬オリジナル>
これ、よく見ると牛久沼の地図になっているんです。
ピンクの所が湖で、オレンジの点はたまやボートとの事。
あれだけお題に水辺をサバイブする生き物と言ったのに、まさかの水辺を描くとは…。
でも、大人でこんな感性豊かなカラーを塗れる人はなかなかいないと思います。
この方には「子供の心を持った大人で賞」を与えましょう。

<バスクッキーをもらってご満悦のKOSさん>

次!!

<YJさんのまとまりのある釣る気満々海馬オリジナル>
パールベースにシルバーラメ、背中はメインがグレーでおでこに視認性のためか蛍光でワンポイント。
お腹にも食わせるための赤い血がたらり。
実は利根川でトーナメントにも出ているYJさん、大会で使う本気仕様の色にしたそうです。
この方には「おでこがおマンに見えるで賞」を与えます。
(僕にはこのルアーのおでこがちょっとエッチな物に見えてしまった訳で…ごめんなさい)

<心優しき青年YJ君もバスをゲット!!>

次!!

<MSさんのあおあおむしを塗った小さい海馬75>
ルアーの色を決める時に「これくらいのサイズからは、少し冒険した色でも大丈夫だと思う。」というアドバイスのもと
思いきって青をメインに虫の色を塗られました。
しかも、実はこのあおあおむし、青色の上に一応使うかな〜と持って行った、高級なケイムラがびっちり塗られています。
なので、青い部分は蛍光の色と同じ効果があるのです。
なんか、本当にそんな虫がいそうでちょっと使ってみたい。
この方には「紫外線当てたらギンギンに光っていたで賞」を与えます。

<くそー、MSさんまでもバスクッキー>
この辺りで、早くもバスクッキーが売り切れた気がする…。

次!!!

<OOHJr.君の水辺で食われるおっさんをイメージしたポム70>
次に登場するお父さんと共にやって来たOOHJr.君。
これから釣りを始めるとの事で、なかなかルアーのイメージが固まらない。
色々考えた下図の中で、おっさんの絵が一番楽しそうでした。
なので、僕の方からおっさんをお勧めしたのです。
物作りは、本人が楽しいと思えるのが一番良く出来るもの。
下図で迷っていた感じなど微塵も感じさせない速度と集中力であっという間に可愛いルアーが出来ました。
彼には「おっさんがバスに食われたらめちゃめちゃおもろいで賞」を差し上げます。

<赤い魚をゲットしたOOHJr.君、これから釣りが好きになってくれると嬉しいなあ。>

次、本日ラスト!!

<OOHさんの、中間色が奇麗なあおきくん>
仕上げの紙に手と足をつけて下さい、と書いてあったので、足は勿論の事、手も付けてあげました。
こうなると、浮いている姿がどんなのか凄く見たくなりますよね。
魚から見てリアルかどうかはもちろん大事ですが
「これで釣りたい!!」
という気持ちが生まれる様なルアーも大切だと思うんです。
このルアーは水に浮かべるとそんな気持ちが生まれるような気がします。
この方には「ポーズがきっとリアルで賞」を与えます。

<OOHさん、ナマズクッキーをゲット!!>
ちなみに、一つ上のおっさんルアーを作った彼のお父さんです。

とまあ、とりあえず、まだ半分くらいなんですが今日はここまで。
皆さんの力作、どれも凄く思いがあっていい感じです。

残りの人達のルアーも、次回発表いたします。


3/7(水)

あれ書いてこれ書いてと、原稿ばかリ書いていたのですが
なかなかHPにまでたどり着けず…。
というわけで、また少し空いてしまいました、スミマセン。
まずは近況からまいります。

上のお知らせにも書きましたが、
本日よりスポーツフィッシングジャパンさんのコラムコーナーにて
『痴虫松本のええじゃないか!!』の連載を始めさせていただく事になりました。

記念すべき第1回目は自己紹介という内容になっております。
今まで、ここまできちんとした自己紹介はした事なかった気がしますので、
ここをご覧になられている、知った顔の人もちょっとのぞきに行ってみて下さいませ。


それと、既に1週間前に無事終了しましたフィジカルテンポ。
沢山のご来場と、オシャベルや赤金カブメスの購入、ワークショップの参加等
ありがとうございました。

原宿のカルチャートbyBEAMSという場所でやらせていただいたので
少しは馴染んで来たとは思っているのですが、それでもお客さんが来なければ
それはそれはさみしい物です。
わざわざ、都会の真ん中に足をお運びいただいて、本当にありがとうございました。


今日は、フィジカルテンポで行われたワークショップの写真を上げようと思います。
といっても、ルアーペイント中は僕も教えるのに必死で、写真ほとんど撮ってませんでした…。
ワークショップ中の写真は知り合いの所から少し拝借。
その後のゲーム大会はわりと撮っていました。

とりあえず楽しげな風景をどうぞ。

<下書きを終えて、いよいよルアーペイント開始!!>

<見よ、この真剣な表情を!!>

<で、いきなり完成!!( 僕は既に次のゲーム大会用の衣装にチェンジ)>
この後、僕が持ち帰ってトップコート、目玉取り付け、リグ組と行ったのですが、どれもすごくいい感じに仕上がりました。
※みんなのルアーは、また後日ここで完成品を紹介させていただきます。

さあ、ゲーム大会

<カルチャーとの永井さんが的当てを作ってくれた(的が途中の写真しかなかった…)>

<的当ての景品、ルアー&お魚クッキー>

<ルアー&お魚クッキー(クリックで大きい写真が見れます。)>
ジャーン、今回の大会の一番の目玉。
このフィジカルテンポで知り合った、おかしい屋さんによるアイシングクッキー。
(おかしい屋さんとは、かわいい女子2人組による世にもおかしなお菓子ユニット)

一番人気はやっぱりバス。
ルアーではザムザ(ちゃんとワームの所にグミを付けてくれている!!)がすぐに無くなった。

ゲームに参加すると、このクッキーがもらえる!!

<クッキーを選ぶの図>
当日おかしい屋さんが来てくれて、選んだクッキーを袋詰めしてくれた!!
ここに女性がいてくれた事で、ゲーム大会に釣りをした事の無い方々が参加してくれたのだ。
本当にありがとう。

<ワークショップで一緒に塗った僕のルアーが景品 その2>
いつもカルチャートにいるカネゴンを塗った小さい海馬75と、ザラ、ラッキー13のデザートカモリペイント。

<親子でキャスト練習>

<フィジカルテンポ主催者のいすちゃんも初のキャスト>

<いつもよりおしゃれして来たへそさんと、ワークショップから参加してくれたズッキー君>
ズッキー君は、まさかのオーバヘッドキャストでバビューンと投げ、カルチャーとの永井さんを喜ばせてくれた。

<さすが様になっているゆりぶう姉さん>

<ほっとくと何歩も前に進んで注意されていた妻林さん>

<1番の景品は少年の(お父さんの)手に!!>
てな感じで、ヒジョーに楽しいイベントとなりました。

今回はおかしい屋さんのクッキーのおかげで、男臭いイベントにも花が有り
釣りなどした事もないオシャレ女子達が思いきってキャスティング大会に参加してくれたりして本当にうれしかった。
(その時は僕がキャストを教えていたので、写真が無い!!!涙)

カルチャートさんに取り扱っていただいてもう2年半ほど。
今でで一番色々な人が入り交じって楽しめたイベントになったと思います。
カルチャート、ワークショップ、ルアークッキー、ゲーム、遊んでくれたみんな
あの不思議な楽しい空間は、今後の僕の仕事の指針になる。
そんなイベントでした。

色々な人と出会いに感謝です、本当にありがとう!!


2/17(金)

ほんまでっか
の2週間。
前回アップから、一息つく間もなく今に至る。

しかし、今年は始めからハイペース。
逃げる2月を逃がさないようにこちらも走りまくる。

という訳で、ここ2週間の状況を写真を元にご報告。

2/8(水)六度九分行友君の個展オープン
オープニングという事でギリまで作業をして、台所風呂に入って(実際は入れないので真っ裸で立ってキュッキュと)表参道へ。

しかし、ここで驚いた事に僕は写真を撮っていなかった。
翌々日、自分の用事で原宿に行った際に再度顔を出した時に少しだけ撮った。
それがどちらも自分が絡んでいる物だけ…。
ちょっと、罪悪感。


<同じお題「虹」でポパイ郡山店に納品したルアー達>

<福島から来たチームトーホクの熱いメンバー>

写真は少ないけど、結局都合3回足を運び、行友君とも色々話しをした。
一人で決めて、動いて、ここまでこじつけた。
普段と違う事をするというのは、とても大変で無駄も多く疲れる事。
僕も“いらんことしい”で色々やるからこの大変さは解るつもり。
でも、この行為はきっと誰よりも自分に帰ってくる事になる。
行友君おつかれさま!!
また色々いらんことしよう。


そして私、2/11(土)カルチャートにてフィジカルテンポOPEN!!!!


<なんとかオープニングに滑り込みセーフで間に合ってホット一息、ふざけ帽子をかぶる私 photo by 瑞光さん>

今回はフィジカルテンポと言うグループ展(店)に呼んでいただき
サバイバルというお題のもと僕は野ぐそ用シャベル
“オシャベル(汚シャベル)”を制作。


<ずらりと壁に並ぶ野ぐそ用シャベル“オシャベル”達>
オープニングの日になんとか間に合い、色々内職をしていると
見慣れた顔ぶれが色々来てくれた。
その中に、みんなのお父さんことカメラマン瑞光さん登場。

以下の写真とぱしゃぱしゃ撮ってくれた。
撮る人が違うとこんなにも違う物かと。
とりあえず、ざざっと見てほしい。







<びっくりするくらいの“いらんことしい”感が出ているでしょ!!>

しかし、作った自分も見た事のないオシャベルの表情がこの写真にはあって凄く嬉しかった。
瑞光さんありがとう。


で、夕方になりオープニングレセプションスタート。
がんがんビールを飲む私。
そのケイタリングの机にはなんとも可愛い手作りのクッキーが。

<フィジカルテンポにも出展しているおかしい屋さんのおもてなし>

<まずは大きめのおおかみをパクリんちょ>

見た目はカラフルだけど、食べてみるとおいしい。
このギャップにとても驚いた。
人には本能的に食べていい、悪いを感じる何かがあって、この物達は食べてはいけない種に入るのに、おいしい…。
なんだかルアーみたい。

てな事をご本人達と話ていて、後日これがルアークッキーへと。
(それは最後に)

で、気持ちよく飲んでいるとKAKATOのライブが始まる。

<右の鎮座DOPENESSのラップ、CMで聞いた事あった(モード学園の「言ってんのか、言わされてんのか〜」ってやつ)。>

<左が環ROY、右が鎮座DOPENESS、手前はガビンさん>

で、ライブ終わり、完全ほろ酔い気分な所でまさかの
わかり難い商品のみの個人説明会が始まり、僕のはわかり難かったようで、とろんとした顔で、オシャベルの説明。

<右はデジオでも話に出て来る、お世話になっている人こと伊藤ガビンさん>

てな感じで、1日が過ぎて行った。
この後、打ち上げに参加しさらにトップウォーター飲み会と合流。
解散は朝の6時(疲)。

とまあ、溜まったのをぶちまけるようにアップして、とんでもない量になったけど、ここ数週間の濃密さはまだまだこんなもんじゃなかった。


そう、明日2/18(土)
痴虫ワークショップ!!!!!!
ありがたい事に定員を少し溢れる参加者で、少し頑張って全員参加となりました。
14時あたりから「水辺をサバイブする生き物達」と題してみんなでルアー塗り大会。
そして、その後原宿のビームス3Fでキャスティングゲーム大会!!(参加自由です)
で、さらに、そのゲーム大会でなんと先ほどお話しした“おかしい屋”さんにお願いして、ルアークッキーなる物を作っていただきました。

実はコレ、僕もまだ見てない。
今から既に楽しみで仕方ない。

食うも良し、持ち帰って彼女、ヨメ、子供、おとん、おかんに見せるも良し。
とにかく、あの可愛いクッキーがルアーになる。
ん、逆か?
痴虫ルアーが、クッキーになる!!
嬉しい事です。

という訳で、いつも通り超ギリギリの告知ですが、お暇な方は遊びに来て下さいませ。
ゲーム大会は夕方16時くらいからの予定です。

あー、書き疲れた。

ここから明日の準備だ、まだまだ死ねん!!
ということで、ではでは〜。


2/4(土)

あっちゅうまの1ヶ月。
1月の末に知る人にはお馴染みのゾンビさんとデジオを録りました。
まだの方は宜しくどうぞ。


それからそれから、昨日カルチャートbyビームスさんの方へ遅れていたカブメスを納品いたしました。
遅れた理由は、ちょっと塗りが不慣れなものだったためであります。
納品したという事はもちろん上手く行った訳で
そのルアーとはこんな感じ。
パチリ!!

<俗にいう赤金なんですが、角度を変えてよく見ると>

<解るかな〜このグワンとした光り方>

僕が中学、高校位からちょいちょい釣具屋で見かけて
「えぐいなー」
と思っていたGフィニッシュと呼ばれる塗装です。

レーベルとか、コットンコーデル、ヘドンとかがやっていて
最近ではダイワさんが月光シリーズという名前で出されて、シーバスのワールドレコードが釣れていました。

Gフィニッシュと言われているこの塗装。
釣果ももちろんですが(ダイワさんのルアーで良い思いであり)
その特殊な光具合に、物としての無条件の魅力を持ち合わせている訳で。
「いつかやりたいと!!」思って、調べて色々試してきましたが、なんとか痴虫なりのGフィニッシュが出来るようになりました。

結構手のかかる子なので、今はこうやってオリカラでしか出していませんが、いずれは本生産でも塗って行く予定です。
一足先に手に入れてやるぜ!!
と思って下さった方はチェック宜しくです。

あ、写真ではわかり難いかとGフィニッシュをメインに取り上げましたが、ルアー自体の色もかなりいい感じです。
石名さんとのデジオでも話題に出ていました「赤金」です。
最近は金ベースのルアーの選択肢が少ない。
と思いつつも自分もそう好んでは使っていないなーと思っており、
数年前から意識的に投げていたですが、全くモウマンタイでした。
だもんで、自分でも投げたいという事で塗った、という色でもあります。
水色が有る程度ある所や、濁った水系では違和感無く使える色だと思います。

チャートに引き続き、痴虫が密かにオススメしようと思っている色「金」!!
(金の細かい話はいずれ痴虫ノートで)


それからそれから、カルチャートbyビームスさんで、今行われている展示がめちゃくちゃ良かったので、お知らせしておきます。

開催期間:2012年1月27日(金)〜2月7日(火)
という事で、実際見に行けるチャンスは今日、明日が現実的かと
それで急いでアップしております。

その内容ですが、その場で興奮して即購入した写真集からちょこっと抜粋しますので、それを見てイメージ膨らませて下さい。

<これだけでは何か解らない??>

<要モザイクレベルなのかな?>

<むっさかっこいい骸骨の頭の中に…>

<超絶技巧のエロス!!!>

数枚のせて何となく解るかと思うのですが、パッと見普通の置物の裏に…
エロが作り込まれているのです。

多分、今後こんなのを生で見る事が出来る機会はまたとないかもしれません。
僕も一つくらい欲しい!!
でも、アンティークなんでなかなか見付けるの大変そうだなあ。

なんにせよ、シャレオツの原宿ビームスの3階が密かに秘宝館レベルのエロ空間になっている訳です。
しかもその展示品のコレクション品のクオリティーが半端無い!!
なぜなら、このコレクションの持ち主で展示を監修されたのは「開運!なんでも鑑定団」でもお馴染みの北原照久さんなのであります。

たまたま、昨日ご本人がいらっしゃったのですが、そりゃもう凄いお方でした。
パワフルで、知的で、話されると聞き入って延々時間が経ってしまう。
コレクションも、ご本人にもどちらも魅了された1日でした。

というわけで、本当にこれは是非生で見てほしいです。
見れば何故こんなごり押ししているか、すぐに解ると思います。
もう見るしかない!!


で、最後に宣伝ですが、そのカルチャートbyビームスさんで2/11から始まる
PHYSICAL TEMPO(フィジカルテンポ)」というグループ展(店?)に参加いたします。
ワークショップもやらせていただける予定です。
もう少し色々見えて来たら再度お知らせいたします。


ではでは今日は沢山書きましたがこんな所で。


1/15(日)

あけまして…のあいさつはもうすんでましたよね。
その後が間が空いてたんですよね、すいません。

年末は忘年会が少なく、それでも師走という事でバタバタしつつも、なんとか年を越せました。
しかーし、年をあけてからが忙しい。
新年会やら人に会う用事が入っており、仕事はまじめに進めているのですがその分なかなかパソコンに向かえなかった訳です。

<冬の間にコツコツと


そんな中、年末年始とバサーのプレゼントのメールが着々と到着しております。
そこには、色々な感想が書かれており、とても励みになっています、ペコリ。
感想でも心配していただいております体の具合ですが、普通に生活したり、仕事する分には問題無い位まで回復してます。

しかし、いざ釣りとなるとまるでだめ。
年末の釣りでぶり返した右肩の痛みがまだ残っている訳で、なかなか油断なりません。

年をあけて、これは本当に一大事なんだと、真剣に受け止めざるを得ない訳です。
そんななので、釣り始めは出来ておりません。
今無理して、春に間に合わないなんてぜっっっっったい嫌ですから。

でもね、本当は行きたい、キャナリ行きたいんす。
で、毎日ムラムラするだけっつーのもいかがなもんかと。
頭をひねらせて、昨日より左腕でのキャストの練習を開始しました。

もしかしたら春になっても完全に治ってないないかもしれない。
もしくは、シーズンインして連続で釣りに行きまくった結果、また肩の痛み出て来るかもしれない。
そんな心配も、キャストの負担を左腕に任せれば随分ましになるんじゃないかと思うんです。

なわけで、無理をせず肩を治しつつ、しかもいざという時は左でも投げられるというこのアイデア。
我ながら完璧です。


1月中に1度はその成果を見に釣りに出かける予定です。
大森さんだって、手がおかしくなった去年も色々工夫されて、ツアーを戦い抜かれていました。
(大森さんバスマスタークラッシック頑張って下さい〜!!!)
そんな方の釣りに比べれば僕なんてなんとでもなります。

こんな時はいつもこの言葉の登場です。
If you can do it,I can do it.

あくまで前向きに、色々楽しみながら頑張る事をここに宣言をしておきます、ビシッ。


そうそう、ブログ版「痴虫ノート」も更新しました。
今回は迷いアユ
の話です。


1/4(水)

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

今日から、仕事初め。
手帳に今決まっているスケジュールを書き込んで、大きな予定を組み立てつつ
去年からの実作業を引き続きやってました。

今年もやりたい事や、やらねばいけない事が沢山なので、ほんと時間を無駄にしないようにしないと。


ちなみに、割に忙しくしていた年末ですが、12/30は毎年恒例になっている水面忘年会に参加。
久々の釣りなんで、ドキドキして挑みましたが、ノーバイトで終了。
釣られた方の話を聞くと、僕が行った所は若干冬の定番からはずれていたようです。
まだまだだなぁ。

それと、2ヶ月半のブランクを感じましたね。
体は正直です。
なんだかキャストが決まらない。
しっくり来ない。
肩にもまだ違和感は残ったまま。

翌日やはり肩が痛くなり、また様子見生活に戻ります。
リベンジは少しお預け。


しかし、毎年同じ顔ぶれが集まるというのも楽しいものです。
今年は、グッチさんと凸さんと初めておしゃべり。
ちょい悪おやじの話は面白かったなあ。

そして、そのちょい悪おやじと、ちょい悪兄さん?から思わぬものを頂きました。

ジャーン!!

ジャジャーン!!!

釣りをしている時に発見されて、昼飯の時にその話を聞きました。
うわー、欲しいって言ってたら夕方の部の釣りで拾って来て下さいました。
感謝!!!

これでシカの頭は5つになりました。

釣れなかったけど、楽しかったし、シカの頭も増えて良い釣り納めになりました。
参加された皆さん、ありがとうございました。


年末、エドモン石名さんとデジオ録りました。
まだの方はどうぞ。

●2010年分
●2011年分
 
★トップページに戻る★