ザムザ
もじもじ系ダーター

ポップ音+ムービング+シェイキング(ワーム有り)

 
ワームが無い時は首振り、ポップ音、ただ巻きと色々コントロール出来るダーター。
ワームを付けると、移動距離がさらに短くなり、変わった波紋が出る。
ワームを付けるのは反則だ(釣れやすくなる)と思うかもしれないが、付けると魚からのヒットポイントがわかりにくくなり、バイト時のフッキング率が下がる。
 
 チューニング>
・ワーム止めを釘から細いねじにすると抜けにくくなる。
・ワームの両はじにネールシンカーを刺す
腕だらり系のルアーに変身する。
・とにかく色々刺してみて欲しい
毛付きワーム、10インチワーム、ラバーなど
 
 <注意点>
ワームをさしっぱなしで保管すると、穴の中のコーティングが弱い所に影響があるかもしれないので(基本的にはコーティング処理はしてある)刺したままの長期保管はあまりしない方が良いかも。
 
ザムザ 2006取り説
〜ある朝夢から目を覚ますと〜


私たちが行きている中で、トンネルを抜けると雪国であることはあっても、夢から目を覚ますと自分が虫になっている事はまず無い。
そんな不条理なことが起きるのは小説の中だけである。ところが、手に取ったワームがそのトンネンル(trans barrel トランスバレル)を抜けたとたんに、このルアーは虫になってしまうのである。
ダーターというジャンルを苦手とする人が多いと聞く事もあるが、僕自身は非常につぶしの効く(応用の効く)ルアーとしてとらえており、使用回数も割と多い。

ダーターの持つ技を具体的に上げると、「様々なポップ音」「プリプリただ巻き」「キックバックによる円波紋」「移動距離の短い首振り」など。これらを色々組み合わせて魚を誘う。雑誌などではそれらを整理して、「音とバランスと間で釣るルアー」と説明される事もある。
しかし、僕が思ったのは、
・そうやって整理された言葉でダーターを説明するから始めての人に解りづらくしているのではないか?
・「音とバランスと間で釣るルアー」と言われてそれを想像出来る人は既にその経験をした事のある人で、ダーターが苦手な人には手がかりが少なすぎて手助けになりにくいのでは?
ということ。

もう少しダーターを身近にするには整理するのではなく、具体的にする事であり、イメージを増やす事では。
という訳で、僕なりの具体的なダーターのイメージの仕方を書いてみようと思う。


<ダーターは魚にもなり、虫にもなる>

ノよる怒らせ釣りの様な、歴史に支えられた技もあるが、割と本とかに書かれる事があるのでここでは割愛します。)

●魚編
このルアーワームをさして使う事で、後述する「虫」として使うのがイメージに合うかもしれないが、実は一番始めに思い描いたイメージは魚であった。餌(虫系)を口にくわえて安全な場所に一目散に逃げる小魚。
大きな餌をとらえた喜びで心は「ウッホホーイ」状態となり、ついつい外敵からの緊張が解除されてしまう。そして、バスはその瞬間を逃がさないであろう、と。
小魚としてのダーターの使い方はやはり「ポップ音+スイム」になるだろうか。
始めのポップ音は小さくやれば小魚(ダーター)が水面を動いたという事をバスに気付かせる事が出来る。大きくやれば他のバスが小魚を補食した音として興味を持たせる事が出来る。そうやってバスにルアーの存在を気付かせた後、ヨロヨロと30センチ程泳がせて止める。コポッ、クリクリ、ピタッてな感じ。ワームをさしている状態だとそのスイムがより不安定になり、ややバランスを崩しながらヨロヨロ泳ぐ事になる。それはあたかも、餌をとらえてバランスを崩しながら逃げて行く小魚の様である。

●虫編
先にも書いた通り始めのザムザのイメージは魚であった。それがテストでルアーを浮かべてみると、どうも虫っぽい。動なら魚、静なら虫という所か。「細かい首振り」「小さなキックバックの後の円波紋」などが虫っぽさを連想させる。
というわけで、ザムザを虫として動かす時のイメージは「ストップ&ポーズ」をうまく使う事。丸い波紋を出したり止めたりする事。そういった技により虫が水面に落ちてピクピクと動き岸に向かうor岸から離れて行く動き、が生まれるのではないかと思う。
参考までに、ある時魚が虫を食うシーンが見たくて虫を投げた。それで気付いたのは着水後結構動かないことと、動きの間のポーズ長い事。本物の虫とかは以外と動かない物であるという事。この事を知って使うと、早くなりがちな釣りのテンポをすこしおさえる事が出来るかもしれない。


<まとめ>
あいかわらず長くなったが、ここで僕が伝えたかった事は、ダーターを何の生き物に見立てて動かすと、色々な動きや間を作りやすいよ、ということ。自分なりの「虫」「魚」「ザリガニ」をイメージしながら動かしてみると、今までより魅力的なダーターの動きを引き出せるはずである。
ちなみにこの事はザムザ以外のダーターにも通じる事だと思われるので、今持っている他のダーターでよくわからなかったものも、そういったイメージで使ってみると思わぬ良さを見つける事になるかもしれない。比べる事で色々なルアーの個性が見えるものである、ぜひ試してほしい。

※データのコピペ等しないで欲しいです。